1. HOME
  2. Blog
  3. 依存と伴走
Blog

依存と伴走

Blog, Text

待たせたな。坂庭です。

僕は依存はさせませんが、
ファシリテートはします。

「ファシリテート」とは本来、
「促す」「進行する」という意味で、
セミナーでは進行役のことを指しますが。

伴走し、リードするという意味で
使われることもあります。

寄り添い、伴走し、リードする人のことを
ファシリテーターと言います。

もちろん、依存はお断りですし、
基本的には自分でやってもらいます。

ですが。

こじれていたり、末期で、そんな
悠長なことを言っていられない時も
あるでしょう。

そんなときは、ためらわず、
ファシリテーターを使うことを
お勧めします。

お受けするか、しないかは、
こちらで判断させていただきますが。

頑なに「依存はダメだ!
1人でなんとかしなきゃ!!」と
意固地になっていると手遅れに
なるケースもあります。

強いチームや優秀な選手には必ず
優秀なコーチや監督、抽象度の高い
ファシリテーターがいます。

「抽象度が高い」とは。

ヒーラーであれば、純度の高い、
波動の高い、愛の波動の強い人ですね。

セラピストなどでも、
「影響を受けやすい人」や
「相手からもらっちゃう人」は、
まだ、抽象度が低い状態です。

波動が低く、純度が低く、
どす黒く濁っている負の
エネルギーが強い人は当然
NGです。

こういう人は、本人が
こじれていますので、論外です。

ドロドロに濁っている。
汚泥ですね。
エゴの塊です。

(はい、かつての坂庭です)

箱根駅伝でもオリンピックでも
伴走者が必ずいますが、当然、
走るのは本人です。

だとしたら、今のあなたには
優秀かどうかは別ですが、
それなりに自分を整えてきた坂庭を
ファシリテーターに起用するのも
1つの手段です。

坂庭に相談することは目的ではなく、
手段の1つです。

そして、走るのはあなた自身。

自分で走ることが前提であれば、
喜んでいつでも、いつまでも
どこまでも伴走はします。

あなたが走るのをやめない限り。

走るのをやめたら、
一緒に歩いてもいい。

人生の良きパートナーです。

「どこかの時点で必ず
卒業しなければいけない」

「もう二度と会ってはいけない」

なんて、思う必要はありませんし、
一度離れても、また、必要に
なったら、起用すればいい。

それを依存とは言いませんし、
僕も依存とは思いませんので。

「坂庭さんに相談することは
依存でしょうか!?」

「依存が怖いから自分で
頑張りますっ!!!!」

ゼロか?100か?で考えている時点で
二元論に陥っているメンヘラです。

無理強いはしませんのでご安心を。

依存もさせませんので、
そちらもご安心を。

その上で、今のあなたには
ファシリテーターが必要では
ないでしょうか?

だから、今この文章を見ているのでは
ないでしょうか?

ファシリテーターとして坂庭を
起用するのも、しないのも、
あなたの自由です。

すべてはあなたのお気に召すまま。

それでは次の配信まで、震えて待て。

坂庭

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)