1. HOME
  2. Blog
  3. 気付かないのもタイミング
Blog

気付かないのもタイミング

Blog, Text

坂庭です。

以前、僕はセミナー参加者の
大半をお断りしていました。

どれくらい断っていたかと言うと、
25,26名のお申し込み&お支払い
いただいて、当日は10名前後とか。

少ない時は、5,6名とか。

「大半」どころか、「ほとんど」
ですね(笑)

どのような方をお断りしていたかと
言うと

・セミナーに参加する目的が無い

・参加する目的がズレている

・参加する目的が弱い

このような方たちです。

また、

・事前にお送りする本を
読んでいない

・事前にお送りする動画も
視聴していない

・事前にご提出いただく
ヒアリングシートを出していない

このような方が参加しても
得るものがないので。

当日の朝、ギリギリまで
待ってもヒアリングシートの
ご提出がないと当日の朝に
返金して、お断りしていました。

当日の朝に断られるセミナー(苦笑)

すでに本をお送りしているので
参加費を全額返金して
お断りすると、

・書籍代
・送料

など、完全に赤字です。

それでも、断っていました。

すると中にはキレる人もいましたね。

「断るなんて講師として
あり得ない!」

「こっちの気持ちを考えろ!」

「金を返してもらったくらいじゃ
気が済まない!どうしてくれるんだ!」

などなど。

だって、得るものがないのに
参加しても、時間とお金が
もったいないじゃないですか。

その時間とお金を他に当てた方がイイ

そう思っていたからです。

毎日、「断るのに忙しい」
みたいな(苦笑)

でも、最近はあえて、そのような方ほど
受け入れるようにしました。

なぜか?

「気付くのもタイミング」であれば、
「気付かないのもタイミング」
だからです。

何十年も抱え込んで、ついさっきまで
自分で気付かなかった「思い込み」に、
「今」「この瞬間」に気付くことは
よくあります。

気付くのはタイミングです。

だとしたら、気付かないのも
タイミングだな、と。

もちろん、僕としては、
気付かせようと、動画や
メールなどを使ってあの手、
この手で質問をぶつけたり、
フックをきかせていますが。

その上で、

・事前に本と動画をすべて
見てから参加するのも自由

・事前に本も動画も見ないで
参加するのも自由

・ヒアリングシートで深掘り
してから参加するのも自由

・ヒアリングシートをまったく
出さずに参加するのも自由

・セミナーで何かを得るのも自由

・セミナーで何も得ないのも自由

・当日、参加しようが、
ドタキャンしようが自由

です。

むしろ、参加することで

「そもそも参加する目的が
無かった。だから、得るものが
無かったんだ」

「いつも、参加する目的がズレて
いたから、変われなかったんだ」

「事前に本も動画も見ないで
参加したからセミナーの理解が
浅いんだ」

「ヒアリングシートで深掘り
しないで参加したから、
自分の思い込みに気づけないんだ」

「セミナーに参加すれば
人生が変わると思っていたから、
これまで何をやっても変わらなかったんだ」

「お金を払って参加すれば、
講師が答えを教えてくれると
思っていたから問題が
解決しなかったんだ」

「いつも、誰かのせい、何かのせいに
していたから、今の人生に
なっているんだ」

「他力本願だったから、
うまくいかなかったんだ」

「いつも、何となくポチポチして
申し込むからドタキャンするんだ」

と、そこで、気付けばいい。

そう思うようになりました。

それでも、「講師が答えを
教えてくれないから得るものが
無かった」と文句を言う人は
いるでしょうね。

そういう人はタイミングが
来るまで、他でも同じような
文句を言い続けていると
思いますが。

「気付くのがタイミングであれば、
気付かないのもタイミング」

ということに、今朝、あることが
きっかけで、気付きました(笑)

逆に、僕が断ってしまうことで、
本人がそこで気付く「きっかけ」を
奪ってしまうかもしれません。

それでも断る人はいると思いますが、
「よっぽど」でしょうね。

「答えを教えてください」とか

「もっとヒントを出してください」とか

「え?断らないで受け入れるなんて
当たり前でしょ?」と思う人が
いるかもしれませんが。

僕の「当たり前」と、他人の
「当たり前」は、違うので。

文句を言われようが、これからも、
「自分の基準」で生きていこうと
思います。

ちなみに、「ギフト」は、
【準備】が整った人にしか、
受け取れません。

あなたは、ギフトを
スルーする人のままで
いますか?

それとも、ギフトをしっかりと
受け取る人になりたいですか?

【準備】も整っていないのに、
他力本願で、闇雲にセミナーや
コンサルに手を出しているうちは、
セミナージプシーを卒業できない
でしょうね。

目の前をギフトが通っても、
気付かずにスルーしちゃいますから。

そして、最後は人のせいにします。

「私のギフトはどこ?!」

「講師が私にはギフトをくれなかった!!」

「騙された!詐欺だ!ヤブ医者だ!」

と文句を言います。

自分で自分の人生を切り開く人に
なるのか?

これからも、リーマンショックや
コロナ、不景気、政策、あるいは
誰かのせい、環境のせいにし続けるのか?

もちろん、どのような人生を
選択するも、あなたの自由です。

そして、「今」気付くのも、
「10年後」に気付くのも、
あなたの自由です。

人には「タイミング」って
ありますから。

「タイミング」でもない人に
「どうですか?どうですか?」って
言うのは、単なるお節介ですし、
単なる押し売りですよね。

このメールも必要なかったら
解除してください。

電子媒体の無駄ですから(笑)

では。

坂庭

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)