1. HOME
  2. Blog
  3. 「アゲ女」になる秘訣
Blog

「アゲ女」になる秘訣

Blog, Text

坂庭です。

あなたは、「アゲ女」
という言葉を知っていますか?

「アゲ女」とは、「男性の人生を
好転させることができる女性」
のことです。

しかも、意図的に繰り返し、
何度でも、何度でも。

相手が変わっても。

男からすれば「一緒にいるだけで
自分の人生をより良くしてくれる女」
ですので。

「もっと、一緒にいたい」
「手放したくない」と思わせる
ことができます。

唯一無二の存在です。

女性からすれば、いわゆる
「チヤホヤされる状態」になるわけですが、
同時に複数の男性からチヤホヤされるので、
「引っ張りだこ」の状態になります。

しかも、単に「若さ」という
賞味期限付きの短い武器では
ありませんので。

歳を重ねても存在価値は
減りません。

「私がおばさんになっても」では
ありませんが、「あなたが
おばさんになっても」です。

これが「アゲ女」の特徴です。

単に期限付きの「若さ」を武器にして、
クラブやラウンジで男を狙っている女性は、
数年後には自分の居場所を失います。

その後は、安いスナックや風俗で
さらに安く自分の時間と体を
切り売りして心身ともに
ボロボロになるのがオチです。

最後には借金だけが残ります。

もしくは、マッチングアプリで
ヤリモクだけの男性と出会い、
欲求不満を解消するだけの
虚しい人生が待っています。

いかがですか?

あなたは前者と後者、
どちらになりたいですか?

もし、あなたが前者の「アゲ女」に
なりたかったら、この文章を
是非、ゆっくりと繰り返し
読んでみてください。

まず、「アゲ女」になるまでの
流れを見ていきましょう。

自分を大切に出来るようになる
自分が好きになる
自分を信じられるようになる
自分を信頼できるようになる
自分を尊重できるようになる

自分に自信が持てる

人を大切に出来るようになる
人が好きになる
人を信じられるようになる
人を信頼できるようになる
人を尊重できるようになる

自分を信頼し、
人を信頼できるようになる

自分も甘え、
相手にも甘えさせて
あげられるようになる

甘え上手になり
愛され上手になる

自分で自己肯定感を
高めることができ、
自分で承認欲求を
満たせるようになる

自分の女性性を認め、受け入れ、
さらにそれを育てていけるようになる

◎ホルモンのバランスが整い、
肌がキレイになる

◎同性からも異性からも好かれて
人間関係が良くなる

◎出会う人の質と数が変わり、
お金の流れが良くなる

単に自分が良くなるだけではなく、
周囲にも良い影響力を与えるため、
付き合う男性の人生も好転する

「この女性だけは手放したくない」と
思われるようになる

本命の男性のハートを
ガッチリ掴める

本命以外の男性からも
チヤホヤされて引っ張りだこに
なる

この状態を繰り返し、
意図的に何度でも再現
することができます。

これが「アゲ女」です。

しかも、本命の男性以外からも
引っ張りだこでチヤホヤ
されるので、恋人からも
妬かれるほどになります。

勘違いしないでください。

大事なのは、男性から
チヤホヤされること、では
ありません。

それはあくまでも「結果論」
に過ぎませんから。

いいですか?

「モテる」というのは、
結果論に過ぎません。

周囲の評価・リアクションなんて、
結果論に過ぎない、ということです。

なので。

「男にモテたい」といった、そんな
くだらないものを期待している人は
「恋愛塾」に行ってください。

単なる「エゴ」ですから。

それ以上に大事なことは、
自分が良くなるだけではなく、
どれだけ、世の中も良くなりますか?
ということです。

「アゲ女」が増えれば、さらに、
男性も良くなり、経済も回り、
エネルギーも循環しますので、
世の中が良くなります。

関わる人たち、関わるコミュニティが
好循環になり、パチンコでいうところの、
「確変状態」に入ります。

この「確変状態」のことを
「イージーモード」とも、
言いますが。

イージーモードで
確変状態に入ったら、人生、
どれだけ楽しくなりますか?

同時にどれだけ、世の中も
良くなりますか?

そのために、あなたは、
世の中に、どのような
価値をもたらしますか?

それが「アゲ女」の使命です。

病気、借金、絶縁とは
無縁の状態になります。

世の中をさらに良くするには、
「いかに、『アゲ女』を増やすか?」
だと僕は本気で思っています。

では、どうしたら、あなたも、
「アゲ女」になれるのか?

簡単です。

脳の使い方を土台から変えて、
冒頭に記載したステップを順番に踏めば、
誰でも「アゲ女」になれます。

残念ながら「玉の輿」を狙う時代は
終わりました。

そもそも、狙うほどの「玉の輿」は、
世の中に、そう多くはありませんので、
少ないパイの奪い合いに過ぎません。

仮に一時、「玉の輿」に乗っても、
あなたが「メンヘラ」だったら、
数年後には捨てられるだけです。

かといって、待っていても
「白馬の王子様」も現れません。

「白馬に乗るほどの王子様」は、
それなりの素質を持ち、さらに、
その素質を磨き続けています。

自己肯定感が低く、
承認欲求が強い
「重くてウザいメンヘラ」
なんて、誰も相手にしません。

仮に現れてもスルーしていきます。
またいで行くでしょう。

うっかり関わって
リストカットなんてされたら、
面倒くさいだけですし、
金目当ての薄っぺらい女性なんて、
眼中にありませんので。

「重くてウザいメンヘラでも
付き合ってくれるなら、
それだけでいい」

こういう男は、その「重くてウザいメンヘラ」
よりも、さらに自己決定感が低く、
承認欲求が強い男です。

「ダメンズ」なんて可愛い
もんじゃありません。

もはや、ストーカーや犯罪者
レベルの人間ですね。

いつ、刺されてもおかしく
ありまりません。

ちなみに。

老いも若きも男も女も。

「金銭的な価値」しか
追い求めない人間、

「金銭的な価値」しか
提供できない人間、

「金銭的な価値」でしか
動機付け出来ない人間、

このような人間は
淘汰される時代になりました。

本質を見極め、本質を極めた【本物】か?
もしくは、それ以外か?

この二極化です。

さて。

あなたは、これからも占いを頼り、
運気や星回り、パワーストーンに身を委ね、
ただ漫然と「玉の輿」を狙い、運良く
「白馬の王子様」が現れるのを
待つだけの「重くてウザいメンヘラ」
ですか?

それとも。

自らが「アゲ女」になり、
イイ男性を引き寄せ、惹きつけ、
「手放したくない女」
「片時も忘れられない女」
「いつも一緒にいたい女」
なりますか?

そして、さらに、自分の価値を
世の中にもたらし、良い影響を
与え続ける存在なりますか?

「アゲ女」としての使命を果たせば、
お金は、後から勝手についてきます。

必要なだけのお金は、
勝手に入ってきますし、
もはや、空気みたいなものです。

そもそも、お金は手段に
過ぎませんから。

必然的に、男が寄ってきて、
モテモテ状態になります。

今の時代、女性が若さを武器にして
チヤホヤされるのは、せいぜい、
30代前半まで、です。

ですから、理想は20代で
下地を作っておいて、
30代で開花させることです。

それを知っているからこそ、
【本物のイイ女】は20代の半ばから、
すでに自分を本気で磨き始めています。

そして、30代に入ってからも
自己肯定感が爆上がりし、
男が放っておかない状態に
なっていきます。

とは言っても、「アゲ女」に
年齢は関係ありませんので。

何歳からでも自分を開花
させることは可能です。

今からでも決して
遅くはありません。

実際に「美魔女」なんて、
言葉もあるくらいですし。

本当の「アゲ女」は、
年齢を重ねれば重なるほど、
魅力が増していき、モテ
続けます。

「一生、モテ期」

その魅力の秘訣は、決して、
「コスメ」ではありません。

コスメや化粧で化けたところで、
化粧なんて数時間後には
剥がれますから。

翌朝には化けの皮が
剥がれ落ちます。

男性の中には、

「翌朝、起きたら隣に
知らない女が寝ていた」

なんて、おぞましい経験、
一度は経験したことがある
かもしれません。

はい、女を見る目がない
証拠です(苦笑)

といっても。

本当に「知らない女」が
寝ていたわけじゃないですよ。

化粧が落ちて、誰だか
分からない、ということです。

「イイ男」ほど、見る目があるので、
表面的で薄っぺらい女性は
すぐに見破ります。

金やブランド、ステータスに
目が眩むような薄っぺらい女性は、
相手にもされない時代になりました。

大事なのは土台ですね。

そして、「本質」です。

「アゲ女が世界を救う」
僕は本気で、そう思っています。

病気や寝たきり、絶縁なんて、
クソダサいことをやっている場合じゃ
ありません。

まして、戦争なんて論外な
ワケです。

「知るか、ばかやろー」
「勝手にやってろ」と。

仮に戦争で他国を潰し、
侵略したところで、世界が
良くなるわけがないだろう、と。

そんな時間と金と労力があったら、
他に回せ、と。

「日本政府よ、アゲ女を育てるための
予算を組め!」と言いたい。

言っても、政府が予算を組んでくれる
わけじゃないので(笑)

僕がやることにしました。

ニーズがあれば、リアルで
ホテルのラウンジを使って、
少人数でお茶でもしながら、
ワークショップなんざ、
やろうかと。

ホテルのラウンジで楽しむ、
「アゲ女・養成講座」です。

ただし、マンツーマンではやりません。
夜は、やりません。アルコールは抜きです。

興味があったら下記の問い合わせフォームから
「アゲ女に興味あり」と、ご連絡ください。

問い合わせフォーム

では。

by アゲ男・トミー

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)