1. HOME
  2. Blog
  3. ADHD(大人の発達障害)の正体とは?【受付終了】
Blog

ADHD(大人の発達障害)の正体とは?【受付終了】

Blog, Text

坂庭です。

大人の発達障害、いわゆるADHDで 悩んでいる方も非常に多いですね。

何名かの方と個別セッションを させてもらっていますが。

僕も自分が「重度のADHDだった」 ということを最近、思い出しました(笑)

これは決して隠していたわけでは ありませんし、FBでも、「診断したら 90%以上で該当していた」と数年前に 公開していました。

ところが、脳の使い方を変えて、 カオス状態を整えることで、 8割程度、改善しました。

残りの2割程度は、まだ、ありますが、 工夫することで、ほぼ、カバーできて いますので、生活にほとんど支障が ありません。

毎日、元気に、楽しく生きています(笑)

なので、自分でも「完全に忘れていた」 という感じですね。

最近、「重度のADHDで悩んでいます」 という方から、立て続けにご相談を いただく際に「具体的に、どんなことで 悩んでいますか?」とお聞きします。

「あ、それなら、僕も同じですよ。 ADHDは病気でも障害でも何でも ないですから〜」とお伝えしています。

今朝、ふと、あるADHDの診断を やり直してみたら、50項目のうち、 【48項目】が該当しました(笑)

僕は個別セッションでもお伝えしていますが、

「むしろ、あなたのような方の時代ですよ。」

「今後は、そのような方が世の中を動かす 時代です」

「もっと、その感覚を磨いて、世の中に どんどん広げましょう」

とお伝えしています。

ADHDの正体とは?

僕は【規格外の才能】と思っています。

といっても、決して、僕に何かズバ抜けた 才能がある、と言っているわけじゃ ないですからね。

僕は単に「文章を書くのが好きな人」であり、 「寝たきり」から、「ソロキャンパー」に なった人ですから。

僕以外のADHDで悩んでいる方を 見ていると、皆さん、共通して、 【規格外の才能】を持っています。

そこを「ぱっか〜ん」させた人は、 どんどん活躍して、イキイキと 人生を楽しんでいますよ。

その一方で「社会に適合できない」 「自分はダメな人間だ」と思っている人は、 【規格外の才能】に蓋をしてしまっています。

もったいないですね。

これからは、そのような方が世の中を 動かす時代です。

埋もれている場合じゃありませんし、 蓋をしている場合じゃありません。

どんどん、「ぱっか〜ん」しないと(笑)

僕の知り合いでも、生死を彷徨った時に 「ぱっか〜ん」したことで、ある才能を 活かして、お仕事をしている女性がいます。

僕は現在、個別セッションを通じて、 ADHD以外の方も含めて、いかに、 【規格外の才能】を持った人を 「ぱっか〜ん」させるか、毎日、 考えています。

【規格外の才能】を埋もれさせておく わけにはいきませんから。

ADHD(発達障害)=病気、障害、ハンデ、不適合

このように世の中が捉えて、つまらない ラベル(レッテル)を貼ることで、
ADHD(発達障害)という病気、障害、 ハンデ、不適合な人を社会全体が育てて、 増やしていると思っています。

ADHDなんて、病気でも障害でもなんでも ないですから。

僕なんて、生まれつき胃腸が弱くて、 43年間、原因不明の慢性的な下痢を していただけじゃなく、重度のADHDです。

「社会に適合できない」

ではなく、

「ようやく時代が追いついてきた」

という感じですね。

今後はADHD(発達障害)で 「息苦しさ(生き苦しさ)」 「不自由さ」を抱えて悩んでいる方の サポートもしていきたいと思っています。

僕自身が、今でも90%以上、該当しますので、 ADHDで悩んでいる方の感覚を ほぼほぼ理解できると思っています。

「集中力がない」

「何をしても続かない」

「人と、うまくコミュニケーションできない」

「人の話を聞いていない」

「人の話を覚えていられない」

「記憶できない」

「極度の方向音痴」

なんて、フツーにありましたから。

今でも「極度の方向音痴」で 「人の顔と名前を覚えられない」 というのはありますね。

脳の使い方で8割程度は改善し、 残りの2割もカバーできます。

そこで、ADHD(発達障害)で 悩んでいる方は、このメールの下部に フォームを貼り付けますので、 是非、ご提出ください。

フォーム名はズバリ
「規格外の才能」を持った「ぱっか〜ん」したい人のためのワーク
です(笑)

具体的に、どのようなことで悩んできたか? 記入して送ってみてくださいね。

お送りいただいた方には、集計後、 データをPDFにてご提供します。

「自分だけじゃないんだな」

「他にもこんなことで悩んでいる人が いるんだな」

ということを知るだけでも、

「決して、珍しい状態ではない」

ということが分かってもらえると 思います。

そして、ご協力いただいた方には、 今後、ADHDで悩んでいる方を対象にした セミナーや簡単なワークショップを 開催する際は優先的にご案内します。

(集計した結果を踏まえて、検討しますが)

他にも

・動画
・電子書籍

なども、検討していきます。

そもそも、ご提出が少なければ、 やりませんが。

さて。

ワークの提出の仕方を説明します。

●回答は後から何度でも修正できます

一度に書いて出そうとすると大変だと 思います。

まずはフォームを一度、ご覧いただき、 書けそうな箇所からご記入ください。

それ以外の箇所は「あとで」「あとで」 と記入してもらい、一度、「送信」してください。

「送信」せずに、途中でブラウザを閉じたり、 違うページに移動してしまうと、入力した 文章が残りません。

「あとで」「あとで」と記入して、一度は 「送信」しいただき、自動返信メールが 届きますので、そちらから、いつでも 回答を修正できます。

●必ず、すべての項目にご記入ください。

「あとで」「あとで」と記入しておいた箇所も、 必ず、後日、入力をお願いします。

すべての項目にご記入いただいた方にだけ、 後日、集計したデータを送ります。

1箇所でも漏れていると、集計できませんので、 データを送れませんから、注意してください。

●ご提出期限は【7月4日(日)正午】です。

書けるところから書いて、「送信」してもらい、 「あとで」「あとで」と書いた箇所は、 【7月4日(日)正午】までに必ず、 ご記入ください。

1週間もありますので、慌てて出す必要は まったくありません。

書けるところから書いてみて、 まずは、「送信」しておいてください。

●個人情報は保護されています

今回の集計以外の目的でデータを 使用することは一切ありません。

お名前も「ニックネーム」でOKです。

●後日、坂庭からメルマガが届きます。

今回の集計の結果並びに、脳の使い方に 関する最新の情報をご案内します。

ezweb、docomo、icloudなどの キャリアメールには届きにくくなっています。

もし、gmailをお持ちでしたら、 gmailで送信してください。

gmailの場合、「迷惑フォルダ」 「プロモーション」などに入る 場合があります。

必ず、そちらもチェックしてください。

メールはいつでも解除できますので、 ご安心ください。

●是非、この記事をシェアしてください。

もし、身近でADHD(発達障害)で 悩んでいる方がいらっしゃいましたら、 是非、この記事をシェアしてもらえると 光栄です。

【規格外の才能】を埋もれさせておくのは 本当にもったいないですよね。

「ぱっか〜んした人」を増やすためにも、 是非、シェアをお願いします。

▼ご提出フォームはこちらです▼

「規格外の才能」を持った「ぱっか~ん」したい人のためのワーク


※受付は終了しました。

一緒に「ぱっか〜ん」しましょう(笑)

反響があれば、本、出しちゃうかもな〜。

それでは、よろしくお願いします。

坂庭

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)