1. HOME
  2. Blog
  3. なんちゃってギバー
Blog

なんちゃってギバー

Blog, Text

坂庭です。

あなたは、「ギブ&テイク」の
意味を履き違えていないだろうか?

「自己犠牲」あるいは「なけなし」の
お金や愛、エネルギーを無理に
先に出して、後から受け取ること、
だと思っていないだろうか?

しかも、「受け取ること」を前提に、
下心満載で。

それだと、さらに枯渇して
疲弊するだけ。

「なんちゃってギバー」だ。

自分では下心を隠してるつもりでも、
裸の王様と同じで、周囲からは丸見え。

まして、

・赤字垂れ流し
・自転車操業

この状態で成功者の真似をして
人のためにお金を使うと悪循環から
抜け出せなくなる。

いや、この状態だからこそ、
成功者の話を鵜呑みにして、
そのままやっちゃうんだけど…

やればやるほど、借金が増える
(反省その1)

さらに、「キラキラ」や
「リア充」をアピールすれば、
ハタから見ていて、かなり痛々しい。

自分も苦しいだけ(反省その2)

見せかけのリア充は、
いずれメッキがハゲて
最後は破綻するのがオチ
(反省その3)

本当にリアルが充実してる人は、
わざわざアピールする必要がない、
ということにも、そろそろ気付こう。

すべて坂庭の実体験。
反省のオンパレード・・・orz…

だからこそ、自戒を込めて、
そこから気づいたことを是非、
あなたにもシェアしたい。

本当のギブ&テイクは、
「枯渇」した状態でやるのではなく、
「溢れっぱなし」になった状態で、
その溢れた分を世の中に
もたらすことだ。

見返りも期待せず。

そして、それが、予期せず、

結果として、巡り巡って、
自分に戻ってきて、受け止め、
受け取り、受け入れ、それを昇華して、

新しいエネルギーに変えて、
再び世の中にもたらす。

これを「循環」と言う。

そして、これこそが
【本当】のギブ&テイク。

たとえば、宇多田ヒカルが、
「楽して稼ごう」とか、生活費の心配をして、
貧乏暇なし、赤字垂れ流しの自転車操業で、
しかも、視聴者からの見返りを期待して、
必死にリア充をアピールして、これを
やってるだろうか?↓

たった10ヶ月で42万回再生された動画だ。

彼女のような人のことを
「本当のギバー」と言う。

・「自分が楽して稼ぐこと」しか考えていない
ネットワークビジネスジプシー

・見返りを期待して、必死にリア充を
アピールしながら先に出している、
「なんちゃってギバー」

このような人は

「生きる目的」はそっちのけ。
「手段の目的化」も、甚だしい。

そりゃ、稼げないワケだ。
(反省その4)

あなたも「生きる目的」を
今、一度、しっかりと
自分に問いかけよう。

あなたの生きる目的は何だ?

ちなみに、この感覚が掴める
ようになると、自分の「思い込み」
「信じ込み」「刷り込み」に
気づきやすくなる↓

「やっぱり、天才脳の人は、
この感覚を当たり前のように
捉えていたのか…」
思わず、唸ってしまった。

「再現性のない成功者の話」ではく、
「成功脳のベースにあるプログラム」を
垣間見ることができる、かなり貴重な動画だ。

必ず見てほしい。

「なんちゃってギバー」ではなく、
「本当のギバー」になろう。

以上、「元・なんちゃってギバー」が
お届けしました。

坂庭

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)