1. HOME
  2. Blog
  3. 新型コロナウイルスについて
Blog

新型コロナウイルスについて

Blog, Text

僕は単なる健康オタクなので、新型コロナウイルスに関して、あれこれ述べる立場にはないのですが。

何人かの方に意見を求められたり、逆に情報を転送してもらったりするので。

「世界一の健康オタク」として、個人的な見解を述べておきます。

「エビデンス」にこだわる人は読むだけ無駄です。

スルーしてください。

どう受け止めるかは、人それぞれです。

これをもって、「正しい」「間違ってる」というのはナンセンスです。

それを前提で。

量子力学の世界では「人間に観察されるまでモノは存在しない」という考え方があります。

実は以前、まだ、うちの子供が幼かった頃に母に言われた言葉があります。

それは、「子供に蕁麻疹が出ても、『あ、蕁麻疹が出た』と言わないこと。言った瞬間に、みるみる広がるから」と。

「そんなことあるのか?」と思いましたが、実際に、娘の足に蕁麻疹が出たときに、「あれ?こんなところに赤いものがある」と言った瞬間に、妻と「あれ、ここにも!こっちにも!」と全身に一気に広がったことがありました。

また、ある晩、娘が、まだ、2,3歳の頃だったと思います。

夏の夕方、熱を出したので救急病院に連れていきました。

熱が出たので、寒がり、夏なのに毛布で抱きかかえていました。

病院で受付を済ませ、順番を待つ間に後から合流した父が、「おい、つとむ、(孫の)顔色が悪いけど大丈夫か!?」と娘の耳元で言い出したのです。

その途端に、娘の顔色がみるみる悪くなり、ガタガタと震え、唇まで真っ青になりました。

ほんの一瞬のことです。

「お父さん、大丈夫だから、車に戻っててもらえる?」

と言って、娘に「大丈夫だよ。帰りにジュースでも買って帰ろうか?何が飲みたい?好きなのを買ってあげるよ」といって、落ち着かせた記憶があります。

何が言いたいか?

「人間に観察されるまでモノは存在しない」という考え方がある、ということです。

だから、というのもありますが、僕は東京⇒大阪⇒福岡と飛び回っていますが、予定を一切キャンセル・変更していません。

東京でランチ会もしましたが、中止にせず、全員参加してくれました。

むしろ、騒げば騒ぐほど感染が拡大し、鎮静化まで時間がかかる、と思っていますので、必要以上に騒いだり、神経質になりません。

ほんの1年前であれば、一番騒ぎ、マスクを買い占め、家族に「家から一歩も出るな!」と口を尖らせ、つばきを飛ばして、必死に「コロナウイルスの危険性と対策」をまくしたてていたでしょうね。

このような人間は自らの思考で自分の身体を蝕んでいきます。

実際に震災の時は、一番騒ぎ立て、日用品を買い占め、その後、必要以上に不安が膨らみ、2年後には寝たきりになりました。

これを「どう捉えるか?」は、あなた次第です。

人間は都合のいい情報を取り入れて、都合のいい解釈をします。

見たいものを見て、見たくないものは見ない。

そういう生き物です。

その生き物を支配し、コントロールしているのは、紛れもなく、脳です。

あなたがどのような脳の使い方をして、どのような情報を取り入れ、どのようなフィルターを通し、どのような解釈と意味づけをして、最終的にどのような言動をするか?

それが、拡散にも繋がるし、鎮静化にも繋がるでしょう。

これは今回の新型コロナウイルスに限ったことではありませんが。

以上、単なる健康オタクのたわごとでした。 

今日も良い一日を。

(追伸)

このような時はチェーンメールが必ず流行ります。

情報を精査せずに、むやみやたらに転送するのは混乱を引き起こすだけです。

チェーンメールは、僕のところで必ず止めます。

予めご了承ください。

閉じる

🔰 収入のケタを1つ増やす脳の使い方(初級編)🔰

今なら人生を激変させる脳の使い方5選(動画)を視聴できます。

【無料】メールアドレスを登録して5本の動画を視聴する

※すでに147,580人が人生を変え始めています。