1. HOME
  2. Blog
  3. 果報は寝て待て
Blog

果報は寝て待て

「脳のアップデートのスピードに現実が追いついて来られない」

「脳の変化に、後から現実が追いついてくる」

今、そんな感じ。

(いや、ホントに)

変な言い方になるけど、「果報は寝て待て」みたいな。

「思い込み」「信じ込み」に気づいて、思考を変えたら、後は現実が追いついてくるのを待ってるだけ。

そんな感じ。

実際に、朝起きて、「うわ〜、こんな思い込み、信じ込みがあった!だから、うまくいかなかったんだ〜。」と気づいたら、ワンコの散歩に行って、お昼食べて、カフェでのんびり、動画を編集して、1日終わり。

あるいは、子供を送り出したり。

妻の実家にワンコを預けに行ったり、迎えに行ったり。

家で寝癖のまま、宅急便を受け取ったり。

子供が録画しておいたドラマを見たり。

飽きたらワンコと昼寝したり。

たまに、人とランチに行ったり。

家で子供が帰って来るのを待ったり。

そうかと言えば、出張でしばらく居なかったり。

(1ヵ月に2,3回、事務所の「社長室」に行って郵便物を確認したり)

知らない人が見たら、「仕事がなくて、毎日、フラフラしている人」みたいになってる。

すると、忘れた頃に、現実が変わり始める。

つまり、脳に現実が追いついてくる。

そして、お金を使っても「収入が減る」どころか、「原資が増えてる」みたいな。

この半年〜1年、ずーっと、そんな感じ。

「仕事をしなきゃ」とか、「お金を稼がなきゃ」とか、「次はどうやって収入源を増やそうか?」とか。

「メルマガ出さなきゃ」とか、「何か売る物を探さなきゃ」「新しい商品・サービス・メニューを作らなきゃ」「バックエンドがどう」とか、「フロントセミナーがどう」とか。

まして、「税金を払わなきゃ」「社会保険料どうしよう」とか。

そういう感覚が、もう、無い。

「今までの努力、なんだったの?」って感じ。

それよりも、

「どうやって、このライフワークである大人の再教育〜リ・エデュケーション〜を全国に広げるか?」

「どうやって、商工会を通じて経営者向けにも社長の再教育として広げるか?」

それしか考えてない。

というか、それに、ほぼ、没頭。

合間合間に、「こんなセミナーやったら、面白いかな?」「これをアウトプットする場を作りたいな」と考えるくらい。

実は、このような現実を創り上げるまでに、意識的、無意識的にやってることをフォーマットにしたら、A4一枚にまとまっちゃった。

もちろん、フォーマット自体は空欄が多いから、これだけ、では、意味がないんだけど。

不都合な「思い込み」「信じ込み」をやめて、記憶を書き換え、一枚に落とし込む。

脳のパフォーマンスを最大限に発揮して、目標や願望を達成する強力なフォーマット。

◎ビジネス(お金)
◎人間関係(恋愛)
◎健康

すべての夢・目標・願望実現が、たった一枚に。

言い換えると、この一枚で、ビジネス(お金)も人間関係(恋愛)も健康も、すべてを手中に収めることが出来る。

まるで、「ビジネス(お金)」「人間関係(恋愛)」「健康」を束ねて、すべてを掌握する「皇帝」にでもなった感じ(笑)

「エンペラー」ですわ、「エンペラー」。

スピリチュアルでもない、脳科学でもない。

それでいて、いずれの要素も含む。

現実が追いついて来るにはタイムラグがあるけど。

本当に表現するとすれば、「果報は寝て待て」が、一番、しっくりくる。

それにしても、この1年で変化が大き過ぎて自分でもビックリ。

もし、このフォーマットが、しっかり「機能」して、現実に反映され続ければ(←コレ、大事)200万円超えのCD教材や高額なコンサルなんかより、はるかに目標や願望が叶いやすい。

手前味噌だけど。

これまでの経験で言うと、脳の使い方を変えると、早ければ1〜2週間くらいで、なんとなく、現実が変わり始める。

2〜3ヵ月過ぎたあたりから、どんどん変わる。

半年〜1年で病気をやめられたり、収入の「桁」が変わる。

もちろん、個人差があるから、中には1回のコンサルで病気をやめちゃう人もいるけど。

いずれにしても。

情報を整理したり、さらに検証して、体系立てて説明できるようになるには、半年後くらい。

うーん、早くても今年の10月くらいかなぁ。

このフォーマットを使って、ワークショップでもやりたいなぁ。

今まで、どんな自己啓発や能力開発、高額教材、セミナー、起業塾、コンサルでも、夢・目標・願望が実現しなかった人は活用してほしい。

人生、変わっちゃうYO

興味ある?

(追伸)
ワークショップの名前は「果報は寝て待て」です。

以上、エンペラー坂庭がお届けしました。

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)