1. HOME
  2. Blog
  3. もう1つの『Never enough』
Blog

もう1つの『Never enough』

Blog, Text

S師こと、坂庭です。

詐欺師ではありません。
坂庭師です。

あなたは、
映画『The Greatest Showman』を
見たことがあるだろうか?

19世紀に活躍した興行師の
栄光と挫折を描いたミュージカル映画だ。

私は持病が悪化し2017年10月に
寝たきりになった。

年明けの2018年、ようやく体調が整い、
社会復帰し始めた頃に上映されたのが、
この『The Greatest Showman』。

主人公の挫折から成功へ。
成功から、一転してどん底へ。

まさに、自分の人生に重なり、
涙なくして、見られなかった。

サントラを聴くだけで、今でも
涙が出そうだ。

映画の中に「This is me」など、
素晴らしい曲がたくさんあるが。

個人的には『Never enough』しかない。

1人の女性が、舞台の真ん中で、
「それでも私は満足しない
(never be enough)」と
歌い上げる、もっとも
華やかなシーンであり、 同時に、
何人もの登場人物の感情が
交錯するシーンでもある。

歌詞は、

「無数のスポットライトを浴びようと
私は満たされない

この手で世界を掴んだとしても
私は満たされない

あなた無しでは」

というもの。

和訳

実は、この『Never enough』には
もう1つのストーリーがある。

どうやら、映画は女優の
口パクだったらしい。

実際に歌っている女性がこちら↓

女優と合成した動画がこちら↓

「口パク」というと表現が悪いが。

裏方として歌い上げた女性と、
その素晴らしさを評価して、
本人の歌声を映画に採用した
女優や監督など。

誰もが美しい。

しかも、実際に歌っている女性は
オーディションでは「原石」として
素の美しさがあるが。

その後の動画では、輝きを増している。

まさに、「本来の自分らしさを
全開にしている」という感じだ。

それが、こちら↓

もはや、彼女自身がトップスター。

さて、ここからが本題だ。

20代で、すでに自分らしく生きられずに、
苦しんでいる女性がいかに多いことか。

「暗闇の中にいる」のではなく、
「自らベールを被っている」だけ

その結果、

・借金
・絶縁
・病気

といった形で問題が顕在化
している。

ところが。

思い込みを手放し、
自分らしさを取り戻し、
「生きる目的」を明確にすることで、
本来の輝きを取り戻し、さらに、
その輝きを増す。

それは、決して、私が、
スポットライトを
当てているわけでも
チャンスを与えているわけでもない。

(当たり前だが)

私がしていることといえば、
そのベールを剥がすことだ。

世界中で美しい原石が、ベールを被り、
自分を押し殺している。

そのベールを剥がすだけ、だ。

スポットライトを集め、
磨きをかけるのは、他の誰でもなく、
あなた自身。

おそらく、5年後、10年後、
あなたは、私の顔も名前も
忘れているだろう。

でも、それでいい。

なぜなら。

「ベールを剥がしてくれた人は誰か?」
なんて、大した問題ではないからだ。

誰がメンターで、誰が師匠か、
なんて、どうでもいい。

大事なのは、あなたが本当の
自分を1日も早く取り戻すこと。

本来の輝きを取り戻し、
その輝きを解き放つこと。

そして、私には見えている。

未来に輝きを増している
あなたの姿が。

本来の自分を取り戻して、
圧倒的に輝いている
あなたの姿が。

あらゆるものから自分を
解き放っているあなたの姿が。

常に私には見えている。

だからこそ、私は、「今のあなた」に
問いかけているのではなく、常に
「未来の」、そして、「本当のあなた」に
問いかけているのだ。

本来の自分らしさを取り戻し、
輝きを増した彼女のように↓

この姿が、常に私には
ハッキリと見えている。

英語で表現すれば
「I think」でもなく、
「I believe」でもなく、
「I know」だ。

あなたには、この未来の
自分の姿が見えているだろうか?

さらに、彼女の「This is me」がこちら

他の出演者たちの「This is me」が
こちら

「誰が1番美しい」という話ではなく、
「誰もが等しく美しい」のだ。

あなたが未来の自分を思い出し、
本当の自分を取り戻した時、
誰もが愛され、誰もが世界中から
歓迎されていることに気づくだろう。

恐れることも、謝ることもない。

なぜなら。

そもそも、最初から
誰もが愛され、誰もが世界中から
祝福されているのだから。

今度はあなたが、そのベールを脱ぎ、
本当の自分を取り戻す番だ。

是非、映画『The Greatest Showman』を
見た上で、このメールを何度も読み返し、
上の動画も視聴してほしい。

いつかきっと、腑に落ちて、
分かる瞬間が来るはずだ。

どうか、その時まで、諦めずに、
「未来の自分」「本当の自分」を
信じてほしい。

では。

坂庭

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)