1. HOME
  2. Blog
  3. テンプレートで解決したか?
Blog

テンプレートで解決したか?

Blog, Text

ドS系「アゲマン・プロデューサー」のトミーです。

僕はコンサルの際に
テンプレートを使うことは
ほぼ、ありません。

カフェでセッションするときに
チマチマ、テンプレートなんて
見ていられないですし。

もちろん、見ちゃいけないワケじゃ
ありませんが。

手軽に、すぐに、リラックスして
やりたいので、分厚いファイルとか
バインダーとか、ノートPC
とかゴチャゴチャ取り出して、
使いたくないから、です。

仰々しいと、それだけで、
相手のリラックス状態が
削がれます。

重いし、邪魔だし、
持ち歩きたくもない。

こっちも手間も荷物も
増えますし。

「ラフな格好でリラックスして
ゆるーく、お茶をしながら」

これが僕にとって、最適なスタイルと
最近、改めて思います。

もちろん、人によって「スタイル」って
ありますから、これが全てではありませんし、
人に押し付けるつもりもありませんが。

あくまでも、「今」の「坂庭の場合」は、
という話です。

そして。

もっと、柔軟に、もっと、シンプルに、
もっと、深く、もっと、鋭く
介入していこうと思うと、
テンプレよりも、これまでの
自分の変化が1番、役に立ったりします。

(あくまでも、今の僕の場合)

逆に、テンプレを使ってしまうと、
上から順番に質問をぶつけて、
単なる「アンケート」みたいになります。

結果。

「上から順番にすべて質問を
ぶつけたけど、何も分からなかった」
という、しょーもない結末が
待っていたりします(苦笑)

アドラー流も多いですね。

残念ながら、僕のところには、
「アドラー心理学をやっている方に
セッションをしてもらったけど、
何も気づかず、何も解決しなかった」
というご相談も結構あります。

「嫌われる勇気」を読んで、
嫌われる勇気が持てりゃ、
誰も苦労しないだろうよ。

この世に、カウンセラーなんて
要りませんから。

「嫌われる勇気」は、僕にとって
お気に入りの本の1つで、
さんざん、読み返し、実践しました。

が。

何も解決しませんでした。

もちろん、アドラーの心理学は
素晴らしいと思いますが、
それをテンプレみたいな感覚で
やっても、うまくいかないでしょうね。

過去のトラウマやコンプレックスを
解消せずに、表面的に「嫌われる勇気」を
読んで、鼻息を荒くして、「よし!
今日から1日1人に嫌われよう!」と
コミットしたところで、自己肯定感が低く、
承認欲求が強いうちは無理です(反省)

だって、嫌われるのが怖いから。

拒絶されるのが怖いから。
傷つくのが怖いから。
裏切られたくないから。
無視されたくないから。

でしょ?

だから、本を読んだところで
意味がないし、テンプレ使って、
上から順番に形式的に質問を
ぶつけても意味がないということです。

そもそも、何も解決していない。
表面的に上澄みをすくって
捨てているだけ。

スープのアクをすくって
捨てているだけ。

テンプレートで解決するなら、
クライアントにくれてやればいい。

後生大事にテンプレートを手元に
おいて、チマチマ、それを上から順番に
読み上げて、お金をもらうなんて
セコイにもほどがある。

そのテンプレート自体には、
何の価値もない。

それをどう活かすか?

「上から順番に質問をぶつけるだけ」、
なら、自分でやればいい。

お互いに時間の無駄。

僕は、そんなことのために、
自分の時間を使いたくないし、
相手にも時間とお金を使わせたくない。

もっと言うと、テンプレートを
読み上げているだけの人は、
その人自身が、自分の問題を
まだ、何も解決できていない。

単にそのスキルで自分の生活費を
稼ぎたいだけだったりします。

「エゴ」ですね。

そんなものに投資するなんて
時間もお金も、もったいない。

いえ、無駄ですよ、無駄。

PDFで済むところを、あたかも
価値があるように見せかけて、
何時間も何週間も何ヶ月も
ダラダラやって、何の意味があるんだ?

難病の人なんて、命が
終わっちゃいますよ。

逆に、テンプレートで解決するなら、
1枚いくら、で売ってあげればいい。

1枚100円くらいで。

あなたは、テンプレートを見ながら
上から順番に質問をぶつけられるだけの
コンサルやコーチング、セッションに
金を払う価値があると思いますか?

僕ならNOですね。

僕なら、

「そのPDF買い取るから売ってくれ。
あとは自分でやるから」

と言います。

お互いに無駄な時間と労力を
省きましょう。

そもそも、テンプレートを使わないと
解決しない、というのは、それ以外の
部分に問題があります。

コーチやコンサルタントのスキルが低い、
または、相手に変わる気がない、など、など。

僕は、お気に入りのカフェや
プライベートな自宅のマンションで、
アールグレイや、ハーブティーを飲みながら、
ゆるーく、セッションをしつつ、
どんどん自分を変え、クライアントさんも
変えていきたいですね。

今日のまとめ。

テンプレートそのものには、
何の価値もない。

では。

ドS系「アゲマン・プロデューサー」トミー
坂庭鳳(さかにわ つとむ)

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)