1. HOME
  2. Blog
  3. 自分の手柄にしたい
Blog

自分の手柄にしたい

Blog, Text

ドS系・アゲマンプロデューサーのトミーです。

「自分の手柄にしたい」

こういうコンサルタントは、
本当に多いですね。

自覚がない人がほとんどなので、
【自分のこと】として読んでください。

1番、分かりやすいのは
「ソースを隠す」です。

そして、あたかも、自分の実力、自分の
ノウハウ・スキル、自分がオリジナルで
自分が開発したかのように語るわけです。

書いているだけで器が小さくて
恥ずかしくなりますね(苦笑)

「ソース」とは「源」の意味ですが、
引用元、参考文献、バックボーンだと
思ってもらえばいいです。

以前、まだ、僕が行政書士の
受験指導をしていた時の話です。

過去に3回受験しても受からない
男性がいました。

郵便局員でした。

世間が郵政民営化で
騒がれていた時期です。

「今後の流れを考えると、
郵便局をやめて、起業した方が
良さそうだ」と見込んでの
行政書士試験。

ところが、

・通信でもダメ
・通学でもダメ
・独学でもダメ

3回受験しても受からない。

そこで、僕とパートナーが
指導していた行政書士試験の
オンラインの塾に入ってきました。

その年に合格を果たしました。

「先生たちのお陰です!」

「先生たちと出会わなかったら
合格はなかったです!」

「この御恩は一生忘れません!」

と感謝してくれました。

「合格体験記」という形で
スリーショットを撮り、
ホームページにも掲載させてもらい、
DVDに対談インタビューも収録し、
100枚単位でプレスしました。

その半年後です。

「坂庭先生、合格体験記を
削除してもらえますか?
DVDの配布も中止してほしい」
と。

事情をお聞きしたところ、
「行政書士で登録開業しましたが、
稼げないので、今後は、私も先生たちと
同じように受験指導をすることにします。
社労士と税理士と組んで
コンテンツ販売をしたいので
私の顔写真や名前をそちらから
すべて削除してください」
と。

「本業で稼げない奴が、
コンテンツ販売で稼げるかよ」
って話です(苦笑)

まぁ、それはいいとして。

「手のひらを返す」というか、
「喉元過ぎれば感謝も忘れる」
といったところでしょうか。

スリーショットの写真を加工し、
動画を編集し、DVDをプレスするのに
どれだけの手間とコストが
かかっていると思いますか?

それでも同意して、すぐに
対応しました。

結果、その方はどうなったと
思いますか?

コンテンツ販売は1年も
もたなかったですね。

なぜか?

「エゴ」だからです。

「自分の手柄にしたい」

「ノウハウを真似して
楽して稼ぎたい」

エゴからくる欲求は
「おちょこ」と同じで
器が小さいですから。

1年も、もたないわけです。

こうやって、自分のソースを
ひた隠しにし、あるいは
「無かったこと」にして、
コソコソやると、ロクなことが
ないです。

そして、メッキは剥がれます。

別に「坂庭に感謝しろ」
って話じゃないですよ(笑)

ソーシャルでも「いいね」も
「シェア」もせずに、こっそり
フォローして、他人の主義主張を
あたかも自分の言葉であるかのように
語る人は、本当に多いです。

僕のところにも、時々、
「この人、坂庭さんのお弟子さんですか?」
「まったくのパクリですよね?」という
通報が届きます。

実際に、以前、1Dayセミナーの参加者が
僕の本とセミナーの内容をもとに
あたかも自分が開発したスキルで
あるかのようにYouTubeに
動画をアップして、セミナーの
募集をしていました。

通報で気づき、すぐに動画を
すべて削除してもらい、ホームページも
閉鎖してもらいました。

僕は、もう、自分で内容証明を
書くこともないので、今後はあまりにも
悪質な場合、【損害賠償】の対象として
弁護士から書面で通知が届くことに
なりますが。

そもそも論として。

法的にどうこう、という以前に、
「エゴ」でソースをひた隠しにし、
自分の手柄にしようとしても
うまくいきません。

「ブーメラン」と言う言葉も
ありますが、自分に返ってきますし、
遅かれ早かれ崩壊します。

メッキも剥がれますし、一度、
失った信用を取り戻すのは、
大変です。

ちなみに、その男性、私たちと、
合格者のインタビューをした際に、
最後にこのようなことを
おっしゃっていました。

「子供は親が『言っている』ようには
育ちませんね。『やっている』ように
育ちますね。だから、背中を見せることが
大事ですよね」と。

その男性のお子さんは、自分の
父親の姿を見て、どう思い、
どう育つでしょうか?

恩を仇で返し、
ブーメランが戻ってきて、
崩壊する。

親の思考は
子供に移りますから。

病気が遺伝するのではなく、
思考が遺伝します。

さらに、「親のようになりたくない」
と思えば、思うほど、脳は意識を
そっちへフォーカスします。

結果、数十年後、親と同じ
大人になってる自分に気づき、
愕然とする・・・。

これが脳の仕組みです。

「自分の手柄にしたい」

これに限らず、エゴからくる
欲求は、自滅をもたらします。

そればかりか、子供、孫にも
負の連鎖をもたらします。

「癌の家系」「脳梗塞の家系」
なんて言いますが、そうではありません。

思考の癖が遺伝しているだけです。

だから、1代目が事業に失敗していると、
たいてい2代目も失敗し。

親から暴力で育てられると、
自分もつい手が出てしまい、
子供に暴力を振るってしまう。

思考の癖が負の連鎖を
もたらしているだけですね。

まさに、「子供は親が『言っている』
ようには育たず、『やっている』ように
育つ」ですね。

いいことを教わりました(笑)

人は、言葉で嘘をつきますから。

だから、僕もコンサルの際には
クライアントさんの「言っていること」
ではなく、「やっていること」を
見ています。

ということで。

あなたの、その欲求は
エゴか?生きる目的か?

改めて点検しておきましょう。

脳は行動を見ています。

「コソコソやってるね?」

「しかもエゴでやってるね?」

「他人のコンテンツをパクって、
楽して稼ごうとしてるね?」

と。

他人の手柄を横取りしたところで、
1年も、もちませんし、メッキは
いずれ剥がれますし、最後は、
自滅するだけですよ。

では。

ドS系・アゲマンプロデューサー トミー
坂庭鳳(さかにわつとむ)

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)