1. HOME
  2. Blog
  3. ハイブリッドで人生を変える
Blog

ハイブリッドで人生を変える

Blog, Text

坂庭です。

日々、時間に追われていませんか?
目先の「作業」に追われていませんか?
「即行動」していませんか?

それだと、永遠に「貧乏暇なし」
から抜け出せません。

僕は行政書士の仕事をしていた頃、
朝方4時、5時まで仕事をして、
朝7時には起きる、という
生活をしていました。

その頃は1シーズンに1回は
ぶっ倒れて、病院で点滴。

病院に行くと、ドクターに
3分診療をされます。

そのわずか3分の間に、
「先生、次はこの患者さん」
「先生、次はこの患者さん」
「先生、次はこの患者さん」
と、デスクにカルテが
積み上がっていく。

医者も法律家も「先生」
という名のラットレースから
抜けられません。

これが個人事業主の
ツライところですね。

ま、コーチ、コンサル、
セラピスト、トレーナーも
同じですが。

健康系の人が、もっとも
健康から遠い生活をしている、
という現状。

人間らしい生活を送ってない
という事実。

むしろ、病気を抱えている。
メンタル・マインドはボロボロ。

自分がラットレースの堂々巡りから
抜け出せない人が、クライアントを
堂々巡りから抜け出させることは
不可能です。

自分がホームランを打ったこともないのに、
他人にホームランの打ち方を
指導できますか?

不可能です。

「見せ金」「詐欺」と同じです。

見せかけのリア充。

ハリボテ。実体がない。
メッキが剥がれて終わり。

では「作業」以上に
大事な時間があるとしたら、
何だと思いますか?

「自分に問いかける時間」です。

我々の人生において、
「自分に問いかける時間」以上に
大事な時間はありません。

今、僕がやっているのも、それです。
それしかやっていません。

ホテルに1ヶ月こもって何を
やっているか?

自分と本気で向き合い、問いかけ、
掘り下げ続けています。

だって、これ以外にないですから。

「新たに学ぶこと」は、
ほとんどありません。

とは言っても、貧乏暇なし
自転車操業だと、その「自分に
問いかける時間」すら持てませんよね?

なので、延々と「目先の利益」
「目先の作業」「応急処置」
つまり、「対症療法」という
【行動レベル】を続けてしまいます。

行動レベルの対症療法だと、
一時的によくなっても、
また、すぐに戻り、再発・転移を
繰り返します。

僕も最初は自分に問いかける時間がなく、
「問いかけて気づく暇があったら、
行動レベルの対症療法でもいいから、
目の前の作業を処理してスッキリ
したい!」と思っていました。

これでは一向に改善しません。

再発・転移しまくり。

大事なのは【脳レベル】での
改善です。

そのためにも自分に問いかける時間が
最も重要。

毎日5分でも10分でもいいので、
自分に問いかける時間を作る。

そして、【行動レベル】の
対症療法で猶予を設けて
おきながら、同時に【脳レベル】で
気づいて改善する。

これがハイブリッドで
効果的です。

次第に自分の思い込みに気づき、
現実が変わってきます。

徐々に自分に問いかける
時間が確保できるように
なりますので。

さらに自分の思い込みに気づき、
現実が変わってきます。

最初は

行動レベル:脳レベル=100:0

行動レベル:脳レベル=98:2

行動レベル:脳レベル=90:10

行動レベル:脳レベル=85:15

行動レベル:脳レベル=73:27

行動レベル:脳レベル=60:40

行動レベル:脳レベル=20:80

行動レベル:脳レベル=10:90

と変わっていきます。

ほぼ脳レベルで改善できるように
なると、行動レベルが10%くらいでも
現実の変化が著しくなります。

それだけ、行動レベルの
影響が微々たるもので、
脳レベルの方が遥かに
インパクトがある、
ということですね。

だって、生まれつき43年間の
慢性的な下痢が、わずか数日で
ピタリ、と止まり。

絶縁していた親との関係が
修復でき、売上の桁が1つ
増えますから。

僕だけでなく、クライアントの
皆さんも、同じ状態になっています。

ザラですね。

もはや、驚かなくなりました。

「だよな〜」という感じです。

ここまでくると、「行動レベルの
改善より、脳レベルの改善の方が
早くて大きい」ということに
気づくはずです。

もちろん、「行動」も大事なので、
0になることはありませんが。

まずは、行動レベルの比重が
大きくて構いません。

ただし、「行動レベルだけ」では
ラチがあきませんので。

少しずつでもいいので、
「脳レベルの改善」を図る。

徐々にウェイトを変えていく。

最後は、「ほぼ脳レベル」です。

なので、僕は「作業」以上に、
朝と夜、「自分に問いかける時間」を
しっかりと取っています。

「問いかける時間の質」が
「人生の質」を決める、と
言ってもいいですね。

もちろん、「問いかけ方」や
「問いかける角度」
「問いかける深さ」なども
大事ですが。

そんなことよりも、まず、
「問いかける時間」です。

「問いかける時間」すら
確保してないうちから、
「問いかけ方が分からない」とか
「手放し方が分からない」なんて、
アホみたいな疑問を抱く必要は
まったくありません。

だって、そもそも、問いかけて
いなければ、気づかないから。

うっかり起業塾なんかに
入ると「今すぐ行動!」
「即行動!」と煽られますが。

言い換えると「行動レベル」
でしか、やってない、ということです。

柵の中でカラカラと走り続ける
ハムスターと同じですね。

まさに、「ラットレース」。

「即行動」以上に「問いかけろ」
と言いたい。

「行動レベル」でしか改善
したことのない、コーチ、
コンサル、セラピスト、ヒーラー、
トレーナー、先生、講師、
メンターに学ぶと悲劇です。

一生、一緒に堂々巡りして、
ラットレースから抜け出せません。

「先生」と呼ばれる人たちが
堂々巡りの人を量産しているのが
現状です。

あなたの「師匠」「メンター」
「先生」は脳レベルでの改善を
指導してくれていますか?

それとも、ノウハウ・テクニック・
方法論、メンタル・マインド、と
いった精神論・根性論ですか?

「雛形」「テンプレ」なんて、
論外です。

先日、動画にコメントを
いただきましたので、
最後にご紹介します。


親からのすり込みずっとはずしたかったです。
離れるだけではムリだった笑
自分を本気で生きたいです。
動画ありがとうございます。


動画のご視聴とコメント
ありがとうございます。

大事なのは、「行動レベル」ではなく、
「脳レベル」の改善ですね。

一緒に自分を本気で生きましょう。

あなたが、今、頭で考えているほど
現実を変えるのは、そう、
難しいことではありません。

難しくして、現実を
こじらせているのは
自分です。

自分で難しくしているだけです。

まずは、行動レベルと脳レベルの
ハイブリッドから。

では。

坂庭

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)