1. HOME
  2. Blog
  3. パクられました
Blog

パクられました

Blog, Text

坂庭のセミナーやコンサルを学んだことをあたかも自分のスキルやノウハウであるかのように語り、セミナーやコンサルをやることは固くお断りします。

(悪質な場合には、訴訟の手続きをとります。)

なぜなら、同じクォリティを維持できないから、です。

あくまでも、自分の変化のためだけに使ってください。

まずは自分の脳の使い方を変えて、業績を改善し、人間関係を改善し、あるいは病気をやめて、結果を出しましょう。

まずは、自分の人生を変えてください。

その上で、「自分も同じように脳の使い方を通じて、人の役に立ちたい」と思ったら、私がお世話になっている梯谷幸司(はしがいこうじ)先生のところで、必ず、徹底的に学び、マスターしてからにしてください。

喜んで梯谷先生をご紹介しますし、私も大歓迎です。

脳の使い方を変えることで世の中を良くする人が増えた方が良いですから。

なぜ、こんなことを言うかというと、先日、ある方からの通報で発覚しましたが。

私の本の購入者でフロントセミナー参加者が内容をパクってYouTubeで動画を配信したり、セミナーの募集をしていましたので、対応したという経緯があるから、です。

関連する動画はすべて削除してもらい、サイトも閉鎖してもらいました。

悪質な場合には、損害賠償の対象となり、訴訟の手続きをとります。

私は有言実行の男なので、「やる」と言ったことは確実に実行します。

本業が一応、行政書士なので自分でやろうとすれば出来ますが、私は出ていきませんよ、面倒くさいので(苦笑)

顧問弁護士にすべて、処理してもらいます。

「子供の喧嘩は拳での殴り合い。大人の喧嘩は札束での殴り合い。」と聞いたことがあります。

パクるなら札束を用意してからにしてくださいね。

こういう言い方をすると語弊があるかもしれませんが。

そもそも、パクっているその人が脳の使い方がこじれて、病気をしていて、ビジネスもうまくいっておらず、収入にも困っている状態です。

(だから、パクるんでしょうけど)

自分を解決できない人が表面的にパクっても人の問題を解決は出来ません。

自分の生活費のため、目先の利益のために、まだ、自分の問題も解決できていない人が、表面にパクって人からお金をせしめて、ビジネスをやろう、なんて、もってのほかです。

そして、「うっかり」であろうと、「ちゃっかり」であろうと、「そんなつもりじゃなかった」であろうと、「イケナイこととは知らなかった」であろうと、

つまり、

故意過失に関わらず、他人のネタをパクったり、著作物を盗用したり、複製したり、無断転載・無断転載することは、犯罪です。

ハッキリ言いますが、犯罪者ですよ。

(会社のボールペンを1本、持って帰っても法的には横領という犯罪です)

セラピスト、カウンセラー、コンサルタント、講師、先生、専門家、ヒーラー、という「専門家の仮面を被った犯罪者」が多すぎる。

犯罪行為で手に入れたお金で子供のおむつやミルクを買うんですか?

家族を養うんですか?

親に仕送りをするんですか?

って話です。

犯罪行為で手に入れた金で焼肉食って、旨いのか?

人の権利を侵害して儲けた金で高級車を乗り回して、楽しいのか?

って話です。

「金は金だ!」という人には1mmの狂いもなく、必ず巡り巡って返ってきます。

良い種を蒔けば、いずれ、良い芽が出る。

悪い種を蒔けば、いずれ、悪い芽が出る。

これが、「因果」の道理です。

まして、このようなコンサルは何十年も病気をしている人もいれば、コンプレックスやトラウラを抱えている人、犯罪の被害に遭った人、中には過去に裁判沙汰になって社会復帰できない人、いつ事故やトラブル、犯罪を起こしてもおかしくない人も相談に来ます。

「ナントカ心理学」でこじれた人、「ホニャララ療法」で悪化した人も相談してきます。

表面的にマネをしたカウンセラー、ヒーラー、コンサルタントのミスリードで、パニックを起こして現状や症状、トラウラが悪化するケースもありますし、逆に、余計な刷り込みをしてしまう危険もあります。

「クォリティを維持してほしい」とは、そういう意味です。

正直、表面的にパクっても、その人が稼げるとは思えないし、人の役に立てるとも思えないし、それで、坂庭の収入が減るわけでもありません。

(むしろ、ネタ元のこっちの信用が上がるだけ好都合です)

そういう人に相談した人には気の毒ですが、それは、人を見る目が無かっただけ、です。

「授業料」だったと思うしかないです。

私も、さらに、日々、スキルに磨きをかけていますが、同じように脳の使い方を通じて、健康、人間関係、収入を増やす人が増えたほうが世の中、良くなりますし、そういうお手伝いを出来る人が増えたほうが、さらに、世界中が良くなります。

「え?コロナもガンもうつ病も、あんなの病気じゃないですよね?単に脳の使い方が、ちょっとこじれているだけ、ですよね?」

そんな人が増えたほうが世の中、もっと、もっと良くなるでしょう。

ですから、同じようなコンサルをする人が増えることは大歓迎です。

むしろ、もっと増えてほしいと思っています。

情報交換し、ネットワークを広げて、世界中に広げたいと思っています。

そのためにも、

「関連書を10冊も読めば、専門家だ」

とか、

「安いフロントセミナーで聞きかじってパクろう」

とか、

そういう貧しい発想で、安易に真似をするのはやめてください。

その根性が卑しい。

そういう発想をすること自体、つまり、「そういうことをしないと稼げない」と思っている時点で、脳がこじれている証拠です。

そういう脳の使い方をしている限り、悪化する一方ですよ。

脳の怖いところは悪化するところ、です。

実際に私は一年前、若年性のアルツハイマーになりましたから。

(これも、脳の使い方で解決します)

先日も私がお世話になっている方が、何年にも渡って、何百ものブログの記事をパクられた、という相談を受けたので、すぐに、うちの弁護士を紹介しましたが。

そもそも、他人の著作物をパクる時点で「経営者」として失格です。

ビジネスをやる資格は無い。

「うっかり」であろうと、「ちゃっかり」であろうと論外。

この件に関しては、いずれ、動画でも解説します。

ちなみに、年に数回は、「この人、坂庭さんのパクリですよね?」という通報を受けます。

これだけ、ソーシャルが普及していますから、必ずどこかで誰かと繋がっています。

「バレないだろう」と思っているのは本人だけ、ですよ。

全部バレてますからね。

悪質な場合には弁護士から書面による通知が届きますので。

札束を用意して待っていてください。

では。

世界一の健康オタク
ブレイクスルー・コンサルタント

坂庭鳳