1. HOME
  2. Blog
  3. アファメーションでうつ病になる理由
Blog

アファメーションでうつ病になる理由

Blog, Text

以前、私と同じ行政書士の資格を目指して頑張っている社会人で必死に努力しているにも関わらず、成果も出ず、うつ病になった人がいる。

「こんなに真面目に努力している人が、何年も受からないのがおかしい・・・」と。

しかも、うつ病に。

原因が分からないため、「朝起きてから、夜寝るまでの動作をすべて教えてください」と聞いたところ、

「まず、朝起きると、窓を開け、大きな声で合格するぞ!と叫んでいます」というのが一発目から出てきた。

「それですね。今すぐやめてください。うつ病が悪化します。」とアドバイス。

結果、その年に合格。

やっていること、つまり、この方の場合で言うと、「同じ勉強方法」をやっていても、成果が天と地ほど異なる。

では、なぜ、アファメーションでうつ病になるのか?

理由は簡単。

「ツイてる!ツイてる!」と同じで、思考パターンを変えていないのに、表面的にやっているから。

営業で言えば「成績を上げるぞ!成績を上げるぞ!」「契約を取るぞ!契約を取るぞ!」

ビジネスで言えば「売上を伸ばすぞ!売上を伸ばすぞ!」

「ピンチはチャンス!ピンチはチャンス!」

すべて、NG。

根拠のない自信や表面的なポジティブシンキング、プラス思考では目標が達成できないばかりか、現状が悪化するので、厳禁だ。

うつ病になったり、病気の人は症状がさらに悪化するから、今すぐやめよう。

「やらない方がいいでしょう」ではなく、「やってはダメ」だ。

私のコンサルでは、まず、「ツイてる!ツイてる!」をやめることから始めてもらう。

大事なのは、ベースとして、「脳の使い方を変え、思い込み、信じ込みに気づき、それをやめること」だ。

ある程度、思考パターンが変わってきたところに、プラスアルファで、アファメーションを活用すれば、願望が叶いやすくなる。

実際に、私のところには「ツイてる!ツイてる!でうつ病になった」「現状がさらに悪化した」というご相談が後を絶たない。

しかも、通常のアファメーションは、

×顕在意識の状態で読み上げている

×脳の使い方を変えていない

×思い込み、信じ込みに気付こうとしていない

これでは、まず、願望は叶わない。

むしろ、「ツイていない自分」を確認する作業になり、病気になるので非常に危険だ。

脳の使い方を変え、思い込み・信じ込みに気づき、それをやめること。

その上で、「潜在意識に落とし込む」のがポイントだ。

そうすることで、怖いくらい、現実を変えることができ、ブレイクスルーが止まらない状態を作ることができる。

脳の使い方を変え、ブレイクスルーを起こし、売上のケタを1つ増やしたい人にオススメなのは、こちらのセミナー↓

「ミリオネア・ブレイン1Dayセミナー」

では。

世界一の健康オタク
ブレイクスルー・コンサルタント
坂庭鳳