1. HOME
  2. Blog
  3. 神様の顔色
Blog

神様の顔色

Blog, Text

坂庭です。

僕のクライアントさんの中で、
最近、「霊能者さんとのお付き合いを
やめました」と言う人が増えています。

もちろん、僕は霊能者や、そのような
お仕事を否定しているわけでは
ありません。

使い方次第です。

「何十年も、霊能者の先生に
頼って自分で決められませんでした」

「親が霊能者に頼っていたので、
それが当たり前だと思っていました」

「他力本願の生き方をしていることに
気づきました」

と言う人が増えています。

「霊能者に言われたから」という方は
他力本願ですから、何を
してもうまくいきません。

そもそも、自分で考えていない。
考えようとしない。

自分の人生を他人に委ねて
どうするんですか、って話です。

「流れに身を任せています」
と言う人が時々、いますが。

単に諦めて、放棄しているだけ、です。

自分で管理して、自分でコントロール
する気がない。

「医者に言われたから」も
同じです。

自分の命を他人に委ねて
どうするんですか、って話です。

「余命だ」「遺伝だ」と
言われて、「はい、そうですか」
という人生ですね。

パワーストーンも宝石もサプリも、
医者も、霊能者も、コンサルも
【補助】にすぎません。

僕の動画やメール、セミナー、
コンサルも、当然、【補助】
ですよ。

「お守り」でもなければ、
「おまじない」「呪文」でも
ないですからね(苦笑)

「それだけ」に頼って、外に答えを
求めて、外に解決策を求めて、
顔色を伺って、他力本願のうちは、
人生、何も変わりません。

宗教もそうですよ。

クリスチャンや仏教徒の場合、
「神様・仏様・阿弥陀様の顔色」を
伺っています。

成功者の中にも「神様に
好かれる生き方をしましょう」
という方もいますからね。

もちろん、善い行いをすることは
素晴らしいです。

それは間違いありませんが。

「神様の顔色」を伺って、見返りを
期待して、下心やエゴでお布施や
献金、寄付をしたところで、
【功徳ゼロ】です。

・お祈りをしましょう

・礼拝に出ましょう

・お布施をしましょう

・念仏を唱えましょう

・勧誘して入信させましょう

「そうすれば神様、仏様、
阿弥陀様に喜ばれますよ」

「この命が一度、終わった後も
よい世界に行けますよ」

「永遠の命が手に入りますよ」

「復活できますよ」

「再生できますよ」

この考えが当たり前になり、
神様などの顔色を伺ってしまうと、
自分の人生を生きなくなります。

自分の人生を生きていないと
人は病気になります。

さらに、人間関係も、こじれて
お金の問題も生じてきます。

親、他人、神様の顔色を伺って、
「本当は自分がどうしたいか?」を
ないがしろにし、

本当の自分と繋がっておらず、

自分の軸がない状態です。

「自分が無い」

本当は自分がどうしたいか?が
分かっていない。

本当は自分がどうしたいか?を
考えていない。

自分で選択していない。

「考えてはいけない」と教わってきた、
あるいは、「自分で考えてはいけない」と
思ってきた。

こう言う人で病気の人が非常に多いです。

起業塾でも「考えるな!即行動!」と
言われますからね。

「考えない人」「考えられない人」を
量産しているわけです。

学校でも企業でも宗教でも
起業塾でも。

金太郎飴の量産ですよ。

困ったもんです。

僕もその1人でしたが(苦笑)

成功者が「神様に好かれる
生き方をしましょう」というのは、
あくまでも結果論ですよ。

自分が人生のどん底で、
絶望して、「死のうか」と
思っていた時に、

「あ、神様に好かれる生き方を
していなかったからだ!」

「よし、今日から神様に
喜ばれる生き方をしよう♪」

本当に、そう思ったと思います?

本当に、それがきっかけで
人生が好転したと思います?

違うでしょうね(苦笑)

「神様に好かれる生き方」
というのは、結果論です。

別に宗教が良い・悪い、って
話ではありませんが。

神様、仏様、阿弥陀様は、
いったん、置いておいた
方がいいでしょうね。

こじれる一方ですから。

繰り返しになりますが。

「神様の顔色を伺っている」

その間は「他人の顔色を
伺っている」のと同じです。

自分の人生を生きていないので、
お金、健康、人間関係に
問題が生じてきますよ。

ま、「信仰の自由」なので、否定
しません、とめる気もさらさら
ありませんが。

坂庭

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)