1. HOME
  2. Blog
  3. ヒントをください
Blog

ヒントをください

Blog, Text

坂庭です。

時々、このような
コメントをいただきます。

「この解釈で合っていますか?」

「どういう解釈をすれば
いいでしょうか?」

残念ながら、この時点で自分で
気づいて変わる気がないでしょうね。

「もっとヒントをください」

「別の角度から問いかけて
ください」

「もっと、気づきが得られるように
けしかけてください」

という人も同じですね。

自分で気づいて変わる気がない。

そして、「期待した答え」
「望んだ対応」を得られないと、
文句を言います。

「詐欺だ!」「ヤブ医者だ!」
「ご利益がない!」と。

やたら、「宗教だ!」と
言いたがる人もいますね。

何か宗教で嫌な思いを
したのでしょうか?(笑)

いずれにしても。

あなたの人生なのに、他人に
ヒントを求めて、どうするんですか?
って話です。

このような人は、セミナーに
参加しようが、個別のセッションを
受けようが、変わらないので、
お金も時間ももったいないですから、
自己投資しない方がいいですよ。

ちなみに。

このような人に関わるだけ、
時間もコストも労力もムダなので、
僕は「相手にしないリスト」と
いうものを作っています。

「相手にしない人の基準」ですね。

ここを明確にすることで、
「コンサルを受ける、受けない」
を常にブレないように
しています。

当然、プライベートでも、
明確にしています。

その時々で、迷ったり、
悩んだりする必要も
なくなります。

周りに振り回されたり、
感情に振り回されることも
なくなります。

時間もコストも労力も
ミニマムですね。

といっても、決して、「人として
否定している」とか、「交流を
拒絶している」というわけではなく。

あくまでも、「自分にとって
関わる必要のない人だから、
積極的には関わらないように
している」という意味です。

では。
坂庭

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)