1. HOME
  2. Blog
  3. 自粛警察に叱られました・・・
Blog

自粛警察に叱られました・・・

Blog, Text

坂庭です。

コロナによって生じた【格差】は
経済的な問題だけだと
思いますか?

もし、そう思っているとしたら
とんでもない間違いです。

以前、自宅の庭でソロBBQの動画を
アップしたところ

「コロナなのに直箸!?
批判されても知りませんよ!」

というメッセージが届きました。

・自宅の庭
・完全1人

ですよ?

むしろ、何ハシだったら、
良かったんでしょうねぇ

割り箸?

石橋?

(いや、なんか、違う)

いずれにせよ。

いわゆる、「自粛警察」です。

「コロナ」に振り回されて、
「人の顔色」を伺って生きている。

つまり、自分で自分の人生を
生きていない典型ですね。

この「自粛警察」というのは、
「コロナ」に振り回されて、
「人の顔色」を伺って生きている
人たちですから。

「本当の自分(脳)」から
メッセージが来ます。

「周りに振り回されているね?」

「人の顔色を伺って生きているね?」

「自分の人生を生きていないね?」

「いつまで、他人の顔色を伺って、
生きるつもり?」

「いつまで、他人の人生を
生きるつもり?」

「死ぬまで、そうやって、自分を
誤魔化して生きいくつもり?」

と。

そして、「本当の自分」つまり、
「脳」から警告が出ます。

このような人たちは共通して

・お金
・健康
・人間関係

に、問題が生じています。

これこそが、
「自分で自分の人生を
コントロール出来ていない証明」
です。

「え?人生って自分で
コントロール出来るの?」

もちろんです。

決して、

・人に迷惑をかけていい

・自粛しなくていい

・ソーシャルディスタンスを
守らなくていい

・マスクをしなくていい

という話ではありませんから、
誤解しないでください。

その上で。

「ルールを守ること」と
「自分を不自由にすること」は
違いますからね。

脳がカオスな人ほど、どんどん
自分を不自由にさせてしまいます。

そして、他人にも、その「不自由」を
押し付けていきます。

コロナによって、【自粛警察】と
いう形で「不自由な人たち」が
浮き彫りになった、と言えます。

まさに、「息苦しさ(生き苦しさ)」を
感じている人たちです。

「コロナで不自由な生活になった人が増えた」

ではなく、

「不自由な生活をしている人たちが
コロナで浮き彫りになった」

だけの話です。

コロナによって生じた【格差】は、
決して、「経済的格差」だけでは、
ありません。

「自由な人生を謳歌する人」と
「不自由な人生で苦しむ人」との
格差です。

「お金を稼ぐ」ということが、
「手段」であって「目的」ではなく、
「お金は後からついてくるもの」
ということからも分かるように。

経済的な格差というのは、
【結果論】に過ぎません。

「手段が目的化」している間は、
なかなか、この【結果論】という
ことに気づけませんが・・・

自由な人生を選択した人たちは、
ますます、経済的に豊かになり

不自由な人生を選択した人たちは、
ますます、経済的に困窮し、
「生き苦しい人生」を送ることに
なります。

さて、あなたは、どちらの
人生を選択しますか?

今後も、コロナに振り回される人生を
生きるのか?

今後はお金も健康も人間関係も
自分で自分の人生を
コントロールして生きるのか?

死ぬまで、親、同僚、上司、お客さん、
世の中の顔色を伺って生きるのか?

これからは自分らしく生きるのか?

ま、自由ですが。

こうやって、「アンチ」が
コメントをくれる度に、
ネタが出来ます。

まさに、「追い風」です。

コロナ以前に、未だに
「リーマンショック」を
引きずっている人もいますが。

いつの話だよ、と(苦笑)

世界的に見れば、リーマンショックの
ような出来事の後には「億万長者」が
誕生しやすいことが分かっていますから。

未だに「リーマンショック」を
引きずっている人は、「過去の栄光」に
しがみついている人と同じくらい
終わっています。

時代に取り残され、
時代の波に飲まれてしまった、
いわば「過去の人」です。

不景気も、コロナもリーマンショックも
関係ないですからね。

自分の脳のOSをアップデートすれば、
今からでも十分、誰でも人生を
アップデートできますので。

実際、コロナでブレイクスルーをして、
収入を増やした人も続出しています。

世界的に見れば、コロナで
「億万長者」になった人も
たくさんいるでしょうね。

あなたはコロナで破産する人ですか?

コロナで収入を増やす人ですか?

ところで、時々、

「私も坂庭さんのセミナーに
参加した方がいいでしょうか?」

と、聞いてくる方がいます。

自分の人生ですから、
自分で決めてください。

「私もiPhoneのOSをアップデート
した方がいいですか?」って、
わざわざ他人に聞きます?

古いOSで生きるのも自由。
新しいOSで生きるのも自由。

どちらの「自由」を選択するも自由。
それくらい自分で決めましょう。

「世の中」は、あなたの「お母さん」
では、ありませんから。

では。

坂庭

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)