1. HOME
  2. 慢性疲労症候群の原因と改善の仕方

慢性疲労症候群の原因と改善の仕方

慢性疲労症候群の原因と改善の仕方

・あなたとの共通点
・気づいたこと
・ご感想
などを是非、コメントしてください。

今すぐコメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、*が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

コメント*

名前(ニックネーム可)*

メールアドレス(非公開)*

現在のコメント数( 1958 )

  • 窪田小百合 より:

    現在、喘息に悩まされていて
    これをすると、また悪化する
    仕事に行くと咳で接客出来ない
    同僚を困らせるかな?と不安でした。
    家族に負担ばかりかけているのに
    いつも優しく接してくれていることに気づいていませんでした。
    でも今日から少し動いてみようと
    どうにかなるかな?と思いました。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      窪田小百合さん、いつもご視聴ありがとうございます。
      ほんの些細な「思い込み」「信じ込み」「刷り込み」でも、体に影響し始めます。

      正しい脳の使い方が大事ですね。

      是非、次回の動画もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • バァバ より:

    ビデオ、今見ました。やりたい事すら分からないままで生きて、残りの人生世のシガラミの中で生きてハイ終わり 哀しくも哀れ 諦め無いとダメなのか??私の脳さん

    • sakaniwa sakaniwa より:

      バァバさん、いつもご視聴ありがとうございます。
      諦める必要はありません。

      自分次第で、いつからでも、誰でも、人生を変えることができます。
      ご自身が、自分で変わる気があるか、ないか、それだけですね。

      是非、次回もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • Y より:

    やりたいことがわからずモヤモヤしている現状が慢性疲労につながっていること
    旅行やリフレッシュが一時的な対処療法であること、とても納得できました。
    現在諸事情で会社復帰するまで収入がなく、家庭の経済状況が今後もつか
    日々不安の塊です。同時に自身のキャリアのモヤモヤも色々なプログラムや自己理解に
    参加しても今ひとつ腹落ちせず。まさにセミナージャンキーになり始めています。
    同時に自己投資額は膨らむ一方で。動画にあったやりたいこと、辞めたいことが
    わからず苦しいです。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      Yさん、いつもご視聴ありがとうございます。

      脳の使い方を変えれば、やりたいこと、辞めたいことが明確になるでしょうね。

      答えは自分の中にありますから、 焦らず、じっくり自分に問いかけてください。

      是非、次回もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • 令子 より:

    義母と関わりたくない。義母の夕飯を作りに行きたくない。でも当てはまりますか?私は、私1人じゃなく、夫と義母と関わりたいけれど、夫は、関わらなくてもいいと言います。すると、義母は、息子には愛想つかし、嫁の私を頼って来ます。なので、義母優先の生活になってしまっている。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      令子さん、いつもご視聴ありがとうございます。

      脳の使い方は健康だけでなく、ビジネスにも人間関係にも大きく影響します。

      脳の使い方を変えれば、義母との関係も変わるでしょうね。

      是非、次回もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • はるみ より:

    可能性な限りやりたくない事をやめてみようと手放しています。
    やりたい事はまだよくわかりません。しかし、やりたくない事については体が拒否反応を示すので注意深く自己観察します。
    他者が関わっている事柄については「ここまでできるけどそれ以上は約束できない」と伝える必要があると思いました。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      はるみさん、いつもご視聴ありがとうございます。
      そうですね。
      思い込みや信じ込みの結果、人は「~しなくてはならない」を増やして
      脳の使い方をこじらせていきます。
      意識的に自分に問いかけ、やりたいことをやっていくことが大事です。
      是非、次回もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • すすむ より:

    先生ありがとうございます
    慢性疲労症候群の原因と改善の仕方を見ました。
    「本当にやりたい事がやれない・出来ない」が原因ですね!
    行動レベルの対処療法では駄目、脳レベルで解決しないと駄目。温泉に行ってお風呂に入っても駄目、脳レベルで解決しないと駄目
    「思い込み、信じ込み、刷り込み」を手放すことをする、ですね
    意識的に自分に問いかける、そうすると気付いていく
    ありがとうございました

    • sakaniwa sakaniwa より:

      すすむさん、いつもご視聴ありがとうございます。
      そうですね。行動レベルでは根本的な解決には至りません。
      やはり大事なのは脳レベルでの改善です。

      じっくり自分に問いかけてください。

      是非、次回の動画もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • ぽた より:

    慢性疲労症候群の正体、とても納得しました。
    自分を喜ばせる、ご機嫌にすることができるよう、自分の毎日を振り返って向き合っていきたいと思います。
    ありがとうございます。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      ぽたさん、いつもご視聴ありがとうございます。
      そうですね。
      意識的に自分に問いかけることで、今まで気づかなかった
      思い込みや信じ込み、刷り込みに気づくこともできるでしょうね。
      焦らず、脳の使い方を変えていきましょう。
      是非、次回もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • すすむ より:

    慢性疲労症候群の原因と改善の仕方
    坂庭先生ありがとうございます
    この原因「本当にやりたい事がやれて無いから」「思い込み、信じ込み、刷り込み」に気付いて無いから。
    脳の使い方を変えれば改善出来る事が分かりました、ありがとうございました。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      すすむさん、いつもご視聴ありがとうございます。

      一緒に脳の使い方を変えて、脳の思い込みを外し、人生を変えましょう。

      是非、次回の動画もご視聴ください。
      コメントもまた、お待ちしています。

  • 鎗田準治 より:

    坂庭先生、今回も100%理解しました。 

     私は30歳の時に新築しまして、48歳で脳梗塞で倒れ、未だにリハビリしつつ、借金が5000万円あります。

     これからです。

     頑張りたいと思います。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      鎗田準治さん、いつもご視聴ありがとうございます。

      自分次第で、いつからでも、誰でも、人生を変えることができます。

      じっくりと自分と向き合い、自分に問いかけ続けましょう。
      是非、次回の動画もご視聴ください。
      コメントもまた、お待ちしています。

  • fumiko より:

    坂庭先生、ご自身の体験談を詳しく分かちあっていただきありがとうございます。全ての土台は、思い込み、信じ込み、刷り込みに気づいて止めて行く。このことが重要で、必須ですね。ですから度々この3語を口にして、楽しんでいます。 信号機は、赤 黄 青ということも面白いですね。
    緑色ですけど。自分自身のことは、本当に解釈が無限ですね。 自分の好きなことやりたい事は、あっという間に時間が過ぎてしまいます。もちろんですが、疲れません。 脳の使い方を変えるモットーです。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      fumikoさん、いつもご視聴ありがとうございます。

      まずは、自分がどんな思い込み、信じ込み、刷り込みをしているのか?
      しっかりと自分と向き合い、自分に問いかけることから始めましょう。
      気付いたら、それをやめるだけです。

      是非、次回の動画もご視聴ください。
      コメントもまた、お待ちしています。

  • マッキー より:

    マッサージ、温泉、カフェ、等々疲れたらリラックスのために、と、それこそ対処療法。
    それをしているときはいい。しかし、すぐに現実以上の現実が重くのしかかってきたことを思い出します。
    まさに、この繰り返し。「好きなことをできていない」この言葉は、嫌というほど聞きました。
    ただ今回、初めて坂庭さんの言葉で、その本当の意味が、掴めたと感じられました。
    そのいわゆる前提に変化を起こす質問が楽しい。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      マッキーさん、いつもご視聴ありがとうございます。
      そうですね。
      根本から変えていかなければ、同じ事の繰り返しですし
      その繰り返しが、自分をどんどん追い詰めていくことになるでしょうね。
      前提から変化が生じることで、結果にも変化が生じます。
      是非、次回の動画もご視聴ください。
      コメントもまた、お待ちしています。

  • あんこ より:

    私の今の状態は、症状的には、過去の坂庭さんと同じ状態である気はしますが、自問自答すると「やりたい事はやれている」「やりたくない事はやっていない」と思うのに、それでも慢性疲労的な状態であると感じるのは、なぜかな?…と思います。
    “真のやりたいことはやれていない…”とか、“やりたくないことを実はやっているのに自分でそれを認識できていない”ということでしょうか?

    • sakaniwa sakaniwa より:

      あんこさん、いつもご視聴ありがとうございます。
      他人に期待して、「ヒント」や「答え」を求めているうちは、何も変わらないでしょうね。

      変わるも、変わらないも自分次第、
      自分次第でいつからでも変われます。

      焦る必要はありませんから、じっくり自分に問いかけましょう。
      答えは自分の中にありますよ。

      是非、次回の動画もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • 大山 巖 より:

    身体が、素直に反応して、慢性疲労だった自分が多少食べなくても、頭はスッキリ、元気に動けてます。
    今朝は仕事が休みなので、朝から坂庭先生の動画観まくってますが、そのお陰様で、慢性便秘だった自分が、排便、バナナ便昼までに3回しました(*^^*)
    あとは、これが一時的なものか、自分自身で実証するだけです。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      大山 巖さん、いつもご視聴ありがとうございます。

      脳が整うと、すべて整います。
      便秘も改善するでしょうね。

      土台から変えることを意識してみてください。

      是非、次回もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • こん、 より:

    なるほど、
    ととても納得できました。

    もっと、やりたい事、やりたく無い事、
    書き出してみます。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      こん、さん、いつもご視聴ありがとうございます。
      脳の使い方を変えると、人生のすべてがうまくいきます。

      答えは自分の中にありますから、 焦らず、じっくり自分に問いかけてください。

      是非、次回の動画もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • greenhouse より:

    ありがとうございます。
    これだったのですね。

    今だに寝れなくて
    スッキリしました。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      greenhouseさん、いつもご視聴ありがとうございます。

      脳を整えると、まず、朝まで眠れるようになる方が非常に多いですね。

      是非、次回もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • マッキー より:

    旦那が今まさしく、疲れから抜け出せないでいます。
    土日になると、床に寝転がり、すぐにイビキをかいて寝てしまい、平日は風呂上がりに布団を引く前に寝る始末。
    常に疲れた疲れたと言っています。仕事でストレスが溜まっているのはわかっているようなので、最近はお気に入りの温泉(銭湯のような感じ)に良く行き、リフレッシュはしていますが、まだまだです。
    私は少しずつやりたいことをやり始めたので、今年は変わるチャンス!と思っています。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      マッキーさん、いつもご視聴ありがとうございます。
      脳の使い方を土台から変えれば、疲れから抜け出せるでしょうね。

      自分が変われば、周りにも良い影響を与えることができますので、
      まずは自分からですね。

      是非、ご家族一緒に、次回もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • 雪うさぎ より:

    私もしなければならないという意識が体勢をしめで安らぎが無かったように思えます。
    義務感ですね。
    これからは自分からやって行こうと言う事で取り組んで行こうと思います。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      雪うさぎさん、いつもご視聴ありがとうございます。
      そうですね。
      義務感からではなく、自分でやりたいと思うことをやることで
      慢性的な疲労感から解放され、人生も大きく変わっていくでしょうね。
      是非、ご自分でも体験してみてください。
      次回も、コメントをお待ちしています。

  • 瀬川 より:

    どうして会う人会う人みんな全員100% 忙しいって言うんだろう、
    そしてどうして会う人会う人みんな疲れてるんだろうとだいぶ前から思ってました。
    言いたくないから 忙しいとは言わないけど、本当は私が一番忙しくて疲れてるってずっと思ってます…。

    ソファーに寝られない、 よく分かります。
    私も ソファーとかこたつとか大嫌いです。
    何十年も持ってません、 使ってません。

    子供の時、どうして父親は、
    みんなでお茶を飲んだり テレビを見たり 楽しい時間を過ごしている時に限って、
    「さっ、こんなことはしていられない!」
    と立ち上がってどこかへ行くんだろうって思ってました。
    きっと同じ思考だったんですよね。

    毎日のやることを何を選ぶか という選択、 これも「問いかけ」ですね。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      瀬川さん、いつもご視聴ありがとうございます。

      行動レベルでは解決しないので、頭がパンパンになって疲れてきますね。
      まずは、脳のレベルで解決することが大事です。

      まずはじっくりと自分に問いかけてみてください。

      是非、次回もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • すすむ より:

    先生、今日もありがとうございました。
    「慢性的疲労症候群の原因・改善の仕方」
    慢性的疲労の正体は「本当にやりたい事がやれてない」疲労回復の為に睡眠・リフレッシュ・温泉、スーパー銭湯に行ってもダメ。
    「しなきゃ、しなきゃ」の連続で自分を許す事が出来なかった。
    色眼鏡で先入観、固定観念でやりたい事がやれない。
    だから自分と向き合って、自分がどんな思い込み・信じ込み・刷り込みをしていて、やりたい事が出来ないのか。
    本当はやりたくないことが止めれないのか。脳レベルで解決していくのが必要です。と私もそう思いました。
    「しなきゃ、しなきゃ」は自覚します。ありがとうございました。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      すすむさん、いつもご視聴ありがとうございます。
      そうですね。
      これまで意識しなかったからこそ、これからは意識的に変えていくことが大事ですね。
      希望は自分の耳と耳の間、つまり「脳」にあります。
      焦らず、まずはじっくりと自分に問いかけてみてください。
      是非、次回もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • にこ より:

    今朝も、起きなければ、、という気持ちと一緒に目覚めた私には衝撃的でした。
    いつからやりたいことをやっていないんだろう?
    あれ?だんだんわからなくなってしまっていると焦りました。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      にこさん、いつもご視聴ありがとうございます。
      脳の使い方がこじれていると、どんどん悪い方に向かっていってしまいます。
      思い込みをやめ、自分らしくやりたいことをやれば、今の状況を改善できるでしょうね。

      是非、次回の動画もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • にこ より:

    断捨離の動画の感想に、
    今やっていることが本当にやりたい、好きなことなのか、、と書いたところですぐに今回の動画で、ますます自問自答しています。

    そういえば、朝起きるとき はぁ~朝が始まった、、頑張らなければ、、とイヤイヤ起きている自分がいたことに気づきました。

    5時に早起きして、弁当を作って送迎をするというわたしのルーティンは、子育て中は仕方ない、、そんな諦めの感情を持ちながら、
    よし!娘のためだ!!と鼓舞して動いているように思いました。

    去年の11月から出始めたリウマチのような症状。右手の親指と小指が曲がり、人差し指まで曲がろうとしていて。
    左手は手首に力が入らない。
    料理がスムーズに作れなくなった。

    左膝が腫れて水が溜まり、歩くのに支障があり今は寝返りさえも痛みがある。

    右足の裏が腫れてきている。

    夜眠れなくて疲れる。

    わたしはいったいどうしたいのだろう?
    答えられなくて困ってしまいました。

    が、とにかく問い続けます。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      にこさん、いつもご視聴ありがとうございます。

      「頑張って」やっているうちは、うまくいかないですね。義務感でやってしまいますので。

      答えは自分の中にありますから、 焦らず、じっくり自分に問いかけてください。

      是非、次回の動画もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • ぽてと より:

    やりたい事をやる、やりたくない事をやめる…そうする事が中々難しいと思うこと自体が、既に思い込みや刷り込みなんでしょうね。
    脳を整えたらどうなるか、段々楽しみになってきました。
    次の動画も楽しみにしています。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      ぽてとさん、いつもご視聴ありがとうございます。
      そうですね。それ自体が思い込みや刷り込みでしょうね。

      脳が整うと、すべて整います。

      思い込みや刷り込みに気づいたら、それをやめるだけです。
      じっくりと自分と向き合い、自分に問いかけてみてください。

      是非、次回の動画もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • まっちゃん より:

    こんにちは。まっちゃんです。

    やりたくないことも生活するために!と数十年医療介護施設やコールセンター、倉庫作業等、頑張っていましたが、体が悲鳴を上げ退職しました。好きな事をやりたい!と色々手を出しましたが収入に結び付かず中途半端になってます。
    脳の使い方、整え方を学んでやりたいことをして行きます。
    よろしくお願いします。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      まっちゃんさん、いつもご視聴ありがとうございます。

      そもそも、「頑張って」やっているうちは、うまくいかないですね。義務感でやってしまいますので。

      脳のOSをアップデートして、人生もアップデートしましょう。

      是非、次回もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。

  • 髙橋 より:

    言葉でも、つい「〜しなきゃ」と、言ってしまうことが確かにあります。
    その時点で、義務感、やらされ感に変わってしまう気がします。
    また、知らず知らずに身についてしまっただろう、思い込みや刷り込みにより、うまくいかないことも確かにあると感じます。
    自分にはどんな思い込み、刷り込みがあるのか、どうやったら見つけられるのか、知りたいです。

    • sakaniwa sakaniwa より:

      髙橋さん、いつもご視聴ありがとうございます。
      おっしゃる通りです。
      義務感でやることになれば、それは自分がやりたいことではないですね。
      自分に身についてしまった思い込みや信じ込み、刷り込みを知っているのは自分だけです。
      焦らず、じっくりと自分に問いかけ、深掘りしていきましょう。
      次回の動画も、コメントをお待ちしています。

  • ちい より:

    今パートを辞めて有給でゆっくりしています。
    コロナ中に接客業の仕事がなくなり、全く別の仕事を転職していましたが、やりたくない仕事、割に合っていないような感覚がずっとあり、日々イライラして疲れていました。
    しかし、3年でこの度辞めました。
    やはり接客業が好きなので戻りたいと考えています!やりたいことをやると疲労感なくなるのを期待!

    • sakaniwa sakaniwa より:

      ちいさん、いつもご視聴ありがとうございます。
      そうですね。
      体力も労力も変わらないのに、やりたいこととやりたくないことでは疲れ方が全然違います。
      どうせ疲れるなら、やりたいことをやりたいですね。
      脳の使い方を変えて、自分がやりたいことをやれる人生に変えていきましょう。
      是非、次回もご覧ください。
      コメントも、また、お待ちしています。