1. HOME
  2. Blog
  3. 損害賠償の対象について
Blog

損害賠償の対象について

Blog, Text

坂庭のコンテンツに関する注意事項です。

坂庭の本や動画、セミナー、コンサル、メルマガ、FBなどでお伝えしていることをあたかも自分のノウハウ、スキルであるかのように語る場合、損害賠償の対象となります。

弁護士と協議し、「悪質」と判断した場合は、損害賠償を求める可能性があります。

私のコンテンツに限ったことではありませんが、故意過失に関わらず、他人の権利を侵害すると損害賠償の対象となります。

ちなみに、面倒なので私は出ていきません。何かあった際は、すべて弁護士に対応させます。

ビジネスは信用がすべて、です。

1度でも信用を失うと、取り戻すのが極めて困難です。

アフィリエイターやオークションのように仮名やニックネーム、匿名でやっている人と異なり、実名、顔出しでやっていたら、一発でアウトです。

そもそも、こういう注意喚起をしなければならないこと自体が残念ですが。

セミナー参加者やコンサルのクライアントとトラブルのも嫌なので。

そういう非常識な人、モラルのない人は滅多にいないのですが、故意過失に関わらず、損害賠償の対象になるので、お伝えしておきました。

つまり、悪意がなくても、「うっかり」でも、「知らなかった」でも、アウト、ということです。

くれぐれも、注意してください。

ビジネスをする以上、それくらいは認識しておく必要もありますが、そもそも、人としてのモラルの部分ですね。

お互い、信用第一として、相手の権利を尊重し、敬意を払ってビジネスをやりましょう。

では。

坂庭

閉じる
今なら期間限定で無料公開中(メールアドレス登録)