1. HOME
  2. Blog
  3. 大人の再教育in前橋
Blog

大人の再教育in前橋

Blog, Text

◎講師:世界一の健康オタク 坂庭鳳(さかにわ つとむ)

◎開催日時:3月22日(日)13時〜16時

◎群馬県公社総合ビル4F・第1会議室

前橋市大渡町1-10-7

◎定員:30名

◎参加費:1000円(税込)

※当日の進行をスムーズにするために事前決済となります。

***

“思考が変わると、人生が変わる”

Change Thinking Change Life

***

この講演会に参加することで学べる脳の使い方(物事の捉え方・考え方)は、下記の通りです。

・「教育」とは何か?「教育」の真の定義の見つけ方とは?

・2018年5月のアメフト事件(悪質なタックル)に見る、日本大学と関西学院大学の指導者の「思い込み」「信じ込み」「刷り込み」の決定的な違いとは?

・医者、セラピスト、カウンセラー、治療家、ヒーラーが知らない「ストレスの正体」とは?

・「ツイてる!ツイてる!」がうつ病を作り、現状を悪化させる最大の理由とは?

※「ダイエットするぞ!」「売上を伸ばすぞ!」「恋人を作るぞ!」「合格するぞ!」も同じです。

・根拠のないポジティブシンキングやプラス思考が危険な理由とは?

・承認欲求を満たすと言われている「シャンパンタワーの法則」で症状が悪化する理由とは?

・医者も知らない「薬による対処療法で病気が治らない理由」と「再発転移するメカニズム」とは?

・集客、マーケティング、ブランディング、仕組み化、銀行からの借入で業績が回復しない致命的な理由とは?

・リーダーシップ、コミニュケーション、マネジメントで人間関係やスタッフ教育がうまくいかない理由とは?

・知識、情報、ノウハウ、テクニック、方法論を探っている段階が「一番レベルが低く」、病気も問題も解決しない理由とは?

・「貧乏暇なし」から抜け出す最初の一歩とは?

など。

どれか、1つでも興味のあるトピックがありましたか?

講師の坂庭が、

×若年性アルツハイマー

×負債3500万円

×人間関係の崩壊(スタッフが全員辞める、クレームが増える、ビジネスパートナーと音信不通になる等)

×原因不明の慢性的な下痢

×枕が変わると1時間ごとに目が覚めて、朝まで眠れない

これらをたった1年ですべて改善できた秘訣は「脳の使い方(物事の捉え方・考え方)を変えた」だけ、です。

家で寝たきりになり、水すら飲めなかった坂庭でしたが、今では、どこで何を食べても何を飲んでも大丈夫ですし、枕が変わっても朝まで眠れるようになりました。

(また、お金を支払えば支払うほど、お金が入ってくるようにもなり、今では投資で利息まで受け取っています。)

それらの秘訣を講演会でお伝えします。

是非、ご家族、会社の同僚、習い事の仲間、同じ学校の教職員、ママ友さんなどをお誘い合わせの上、ご参加ください。(小学生以下のお子様はご遠慮ください)

すべてはここから始まります。

残念ながら、日本の学校教育は「中」からは変わりません。

だとしたら、「外」からの刺激が必要です。そのためにも、民間からムーブメントを起こします。

今年は、その1年にします。

3年後は全国の教育委員会から声をかけられて、全国の小中学校で講演をし、「脳の使い方(物事の捉え方・考え方)」を教職員、保護者、子供たちに広めます。

また、子供たちの教育を変えるには、まず、大人です。

大人の脳を変えること、これが先決です。

大人が変わらなければ、学校教育も、家庭も社会も変わりません。

職場でパワハラ、モラハラ、セクハラ、イジメなんて、やってる場合じゃありません。

学校の先生も然りです。

教育の場で、パワハラ、モラハラ、セクハラ、イジメなんてやってる教職員が、子供にまともな教育をできるとは到底思えません。

といっても、僕は決して先生たちを責めているわけじゃありません。

それだけ保護者も教職員もストレスで脳がパンパンになり、カオス状態で、フラストレーションを抱えているんです。

それを学校や職場、社会で爆発させる、これがパワハラ、モラハラ、セクハラ、イジメ、煽り運転、犯罪です。

まずは、大人の脳を変えましょう。

我々、大人たちが、人生を立て直し、未来を取り戻す。

「大人の再教育」〜リ・エデュケーション〜

すべては、ここから始まります。

さあ、一緒に始めましょう。

勝手に全国展開を予定しました。

3月 前橋
4月 東京
5月 横浜
6月 大阪
7月 福岡
8月 仙台、金沢
9月 青森、北海道
10月 名古屋
11月 香川、広島
12月 愛知、千葉

「待ってるだけ」じゃ、何も変わりません。

「うちの地元でも一緒に開催したい。そのためには、まず、聞いてみたい」

「スタートとなる一発目の講演会を前橋で聞きたい」

「スタートを一緒に味わいたい、体感したい」

という方は、3月22日(日)に前橋まで来てください。

「地元でも開催してくれるのを待ってるだけ」じゃ、何も変わりませんよ。

今まで誰にもできなかったことを坂庭がやります。

いえ、坂庭と一緒に、やりましょう。

今、ここから。

まずは、3月22日(日)、前橋でお会いしましょう。

是非、ご家族、身内、職場の同僚、習い事の仲間、ママ友さん、ご近所さんを誘って来てください。

2020年3月22日(日)リ・エデュケーションin前橋お申し込みフォーム
お支払方法・金額【必須】
お名前(漢字)【必須】
フルネームでご記入ください。
お名前(フリガナ)【必須】
メールアドレス【必須】
郵便番号【必須】
ご住所【必須】
お電話番号【必須】
日中連絡の取れる番号をご記入ください。お申し込み後、ご入金が確認できない場合のみ、ご連絡いたします。(セールスの電話は一切いたしません。)
メッセージ
(任意)