1. HOME
  2. 試し読み 坂庭

試し読み 坂庭

「The Sign(ザ・サイン)」第1弾 収入編の試し読みページ
※最新の情報にアップデートしています。
必ずページを再度読み込んでください。

LINEに「友だち追加」して無料で「試し読み」をしよう!

待たせたな。坂庭です。

新刊の発売に先立ち、出版社の承諾を得て、2023年12月25日に「あとがき」を公開したところ、1週間で150件を超えるご感想をいただきました。

予想をはるかに越える数のご感想と熱いメッセージ、誠にありがとうございます。坂庭も震えて読みました。

ここに書かれたコメントは、決して、フィクションなどではなく、リアルに今のあなたと同じ悩みを抱えた方たちの心の叫びです。

何年も何十年も苦しみ、生きながらえてきた方たちの心の叫びです。スペースの都合で全ては掲載できませんが、是非、一字一句、読み飛ばさずにご覧ください。

尚、明らかな誤字脱字並びに趣旨が変わらない範囲で一部、省略等させていただいている箇所もあります。ご了承ください。

それでは、発売まで震えて待て。

あとがきレビュー

いつも有難うございます。出版前にあとがきを…。良く思い付かれましたね。さすがです。本当に苦しんでる人達に寄り添って無ければこのような事は思い付かないと思います。

胸に沁み入るあとがきに今から出版が楽しみで仕方ありません。この書籍が多くの人の光となることを願ってやみません。ぜひ、まえがきも読んでみたいです。

震えて泣きました。

27歳で命を散らしてしまった息子に読ませたかった。

あとがきだけでも強いメッセージを感じました。私も、変わろう。生きよう。改めてそう思いました。

『あとがき』を拝読して

【死ぬな、●●●】に込められた思いに震えました。

是非『まえがき』も、震えて読みたいと思います。

あとがきを読んだだけで心が震え涙がでました。ぼくも坂庭さんに会う直前まで死にたいと思っていた一人でしたから…

語り掛けるように話していたYouTubeでも涙しましたが、文字でじっくり読むのも伝わってきます。

また、600ページもの原稿をかかれていたことにも感服いたしました。

伝えたいことがまだまだいっぱいあるんだと常におっしゃっていますが、その証明になっていますよね。いつか「坂庭鳳全集」を完成させてください(笑)

健康系の仕事をしているので坂庭さんのYouTubeを紹介していますが、YouTubeとメルマガだけで自分の思い込みに気付いて変わっている人もいます。

本当に再現性があるメソッドだと思っております。いつか本当に医者も警察も要らない世界がやってくるかもしれません。

ぼく自身も日々いろんなことに気付き変わっていけています。ですが、更に変化し続けている坂庭さんを見ていると、時に辛い自分と向き合うこともとてもワクワクして楽しくなってきます。

話は変わって仮面ライダーにウィザードというライダーがいます。そのウィザードが毎回(ほぼ)言うセリフがあったのを思い出しました。

「絶望するな。オレが最後の希望だ」

坂庭さんは死にたいと思っている人、人生に絶望している人たちの最後の希望だと心底思います。

ステキなクリスマスプレゼントありがとうございました。

あとがきを読みました。「薬屋のひとりごと」のワンフレーズ、誰が読んでも泣けます。 今電車の中ですが、涙ぐみました。

私は私の人生しかわからないけれど、そばにいることだけは出来る。「役に立つ、役に立たない」ではなくて、ぬくもりを持ってそばにいるような関わり方が出来る人になろうと思いました。

こういう時って言葉は無力なんですね。とにかく泣けました。

クリスマスプレゼントありがとうございます。私も冒頭から泣けてしかたなかったです。

自死した父にもぜひ、見てもらいたかった、そして、「死ぬな、●●●」と言ってあげたかったです。

どうして?なんで?とばかりで、父の気持ちになって考えた事なんてなく、以前提出させていただきましたが、今は父がどんな気持ちだったのか理解していて、それを考えたら感謝が込み上げてきていました。

先日墓参りに行きお墓の前で「ありがとう!」って伝えてきたばかりでした。

そんな時にこの「あとがき」

よりリアルに想像する事ができ、前回の気づきよりもっともっと「良かったぁ」と安心している自分がいます。そして、これを経験した私は、縁あって坂庭さんと出会い、今現在、変わっている最中です。

私は生きてます!

この命、どう使うか。

この経験を活かしたいと思います。

生きる目的、今少しづつ見えてきてる気がしています。また報告させていただきます!素敵なクリスマスプレゼント本当にありがとうございました!

あとがきを読みました。確かに泣きました。号泣です。まだ止まりません。

今までどんなカウンセラー・セラピストさんに共感してもらっても、こんなふうにはなれませんでした。

きっと坂庭さんはご自身が壮絶な人生を送ってこられた分、深い悲しみを知っていらっしゃるから、私の心の芯に届いたのかもしれない、と思いました。

右の胸の奥に何かがズドーンと突き刺さる感じでした。これは自己憐憫とはちょっと違う、今までそしてまだ今も私の中にある深い悲しみを日々生きるために、感じないように、真綿に包んでしまいこんでいたもの、が、今光を浴びてあらわになって、私の前に「ほらこんなに苦しかったよね」と光に照らされて出てきたという感じがします。

そんな日々見えないように、なかったことのように心の奥に閉じ込めていた、真の私の心の叫びに対して、「あなたの悲しみ僕にはわかるよ」とささやかれた、感じです。

そしてそれはただ同情とか共感とかでなく、「抜け出す道がわかったよ、苦しかったよね、よくここまできましたね、もう抜け出せますよ」という解放への道しるべだから、この涙は悲しみの再現の涙ではなく、苦しかった自分へのねぎらいと顔をあげて前に進めることがわかった喜びの入り交じった涙かなと思います。

講座を受けさせいただいても、やはり日々生きるためになんとなく本心を奥にしまいこんでいて自覚しづらい状態でしたが、まさに今これから解放されるために、しまいこまずに目の前に出してきて「向き合う時」ですよ、と言っていただいた気がします。

このようなあとがきを読んでしまったらますます早く書籍を手にしたくなりますね。心の準備も出来るので「あとがきのお披露目効果」は「大!」だと思います。

坂庭さん、メリークリスマス!素敵なプレゼントが届き、心の奥深くに響き渡っています。まるでジングルベルのように。

中林さんが泣いたように、小林も泣いています(´;ω;`)ウッ…

でも、それは決して哀しみの涙ではなく癒しの涙です。今もキーボードを叩きながら、涙が頬をつたい流れては落ちていきます。

私は、死に場所を探していました。物心ついた時から常に誰かが命にかかわる病に侵され、私自身もどこかしら具合が悪い。結婚してもそれは続き、おまけに大爺ちゃんや大婆ちゃんの介護。

度重なる旦那の入院や看病で疲れ果て、常に関ケ原の戦いみたいな人生を歩いてきました。

なんでこんな人生になるんだろうと占いを学び、知識や経験だけは増えました。相談者さんに「大丈夫だよ!」と言う傍で、私は涙を隠して笑ってる道化師のようでしたよ。

全然幸せじゃない。何の為に生きてるのかも分からない。何度死のうと思ったか分かりません。でも、死ぬ勇気もなく、かといって中途半端に生きてる私は生きる屍みたいで。

疲れ果ててもなお、介護やら看病やらが押し寄せてきて、ただがむしゃらに生きるしか為す術はなかったんです。

誰にも相談できず、たまに愚痴を吐いても、「頑張れ!」「あなただけが辛いんじゃない」「あなたより大変な人はいっぱいいる!」と言われ続け、これ以上何を頑張れば良いというのだろう?

私は倖せになることは許されず、我慢と犠牲の人生なのかな。そうこうしているうちに、もうこんな歳になってしまって。朽ち果てて終わっていくのかな…

倖せになりたくてお金も時間も投資したのに何も変化しない。何してるんだかと後悔しかありませんでした。

なので、坂庭さんの「死ぬな、●●●」は刺さります。どんな言葉よりも。そう言われたかったんです。頑張って生きろって言われたくないんです。

何歳からでも人は変われるし、もう、見えない敵と戦う必要はないですよね。これは大きな希望です。

そして、いつでもここに戻ってきても良いんだと思わせてもらえるところに、また涙が溢れます。無条件で、ありのままの自分を受け入れてもらえる安心感は、他のなにものにも代えられません。

坂庭さん、私は今、生きていて本当に良かったって言えるんですよ。強がりなんかじゃなくて。FBに広告を出してくださり、ありがとうございます。

そして、ワンデイセミナーに参加し、もう本当にここで終わりにしたいと一縷の望みをかけ、有料コンテンツにに参加すると決めた自分にもありがとうと言いたいです。

「死にたい」とうずくまっていた私はもういません。この両手は、哀しみの涙をぬぐうためではなく、倖せを受け取り、広げる為にあるということが解ったからです。

ずいぶん長く先回りした私の人生でしたけど、ここから第2ラウンドが始まります。いや、もう始まっていますね。

今年は坂庭メソッドに出会い、コンサルも受けることができて素晴らしい一年でした。今まで生きてきたどんな歳月より、今年は一番倖せです。

だから今、泣き顔でも笑顔なんです。坂庭さん、月並みだけど、この言葉しか出てきません。涙と言葉が邪魔して、心が伝えきれないけど、感謝の気持ちを伝えるなら、やっぱりこの一言です。

ありがとうございます。

世界一素敵なクリスマスプレゼントを、ありがとうございます。 私からは、坂庭さんのお蔭で生きている感謝の想いを送ります。

新刊のあとがきを読んで

かつて繰り返し自傷する学生に先輩の偉い教員が「もうしないと約束して、私にもお母さんにも」と言っていた時に、そんなことで収まるわけがないじゃないかと思っていました。

今回の坂庭さんのあとがきで、ずっと苦しんで死にたいとまで思う人に「生きろとは言えない」、その代わりに「死ぬな、●●●」と言いたいと書かれていて、ああその言葉だと思いました。そういえる自分だったら良かったのだなあと、ただただ受け止めるしかできなかったけれど、今は自分が変わって、周りを一緒に変えていく人になりたいと強く思いました。

自分の家族に対しても、ただただ家族の心配や不安について思う、あれこれ良かれとお金を使うとかではなくて、なにより自分が変わるしか手立てはない。

自分が変わらないから、自分もあれやこれやに手を出して、結局身にならずにお金だけが出ていく堂々巡りの人生。

権威にすがったり、虚勢を張ったり、逃げたり、取り繕ったりの人生。

「本当の自分を取り戻し、本当の自分と繋がり、本当の自分を表現し、本当の自分を解放する!!」なんと心強い言葉でしょうか。

万策尽きても、まだ、「諦めない」という選択肢がある。この言葉を携えて前に歩きます。ありがとうございます。

新刊「あとがき」ありがとうございます。借金も絶縁も寝たきりも、ましてや死にたい程、辛い出来事はない人生ですが、数年前に坂庭さんに出会って脳の使い方の大切さを知りました!

少しずつ生き方、考え方が変わってきました。「あとがき」を読ませていまだき、新刊本を読むことを心より楽しみにしております。これからも、たくさんの方のパワースポットとしての活躍応援してます。

震えながら読みました。目頭が熱くなります。

ずっと生かされている意味、死にたい人生でした。現在40歳の私は、こちらを拝見させていただき、全てが繋がり、心から笑う事を初めて知りました。

今、真っ暗な中にいて、がむしゃらに、何かに追われるように自分の事を後回しに、気持ち無視して自分の気持ちが分からなくなった方へ、是非読んでいただきたいです。

全然私の知らない方の著書なのに、私の事を、私のために書いたの?と思う内容に、え?私だけじゃなくて、こんなにリンクして苦しんでる人いるの?って事に、凄く驚きましたし、長年の孤独感や寂しさが嘘のようにつながりました。

真っ暗で寂しくて自分の事を後回しにして頑張りすぎてる方へ、寂しくなくなるから、坂庭さんのセミナーを本気で受けて欲しいです。

坂庭さん、ありがとうございます。引き続き、学ばせてせいただきながら軸の強い人生にできるようにしていきたいと思います。入力しながら、込み上げて泣けてきます。

何とも温かい包まれるような気持ちになる「あとがき」か…

この本に出逢えていたら命を落とすことのなかった人が、この世の中にどれだけ存在するか計り知れません。

無償の愛を持って見守ってくださり、答えを与えるのではなく、あくまでも自分の中にある答えを見つけるべく冒険への道のりに手を貸してくださる坂庭さん。

あとがきだけでこの愛のパワーですから、本文を読んだらきっときっと人生変わること間違いなしですね。

本の発行が益々待ち遠しいです。

5年前にこの本に出会いたかったです。そう思えるような「あとがき」でした。

何とか現状を変えたくて、占いやスピ関係、パワーストーン等効果があると聞けば片っ端から手を出していたあの頃。今になって思えば人生の中で完全に黒歴史です。

そんな黒歴史を吹っとばすぐらい、脳をしっかり整えて自分も人生も変えていきたいです。

書籍とても楽しみにしています。発売が待ち遠しいです。

思考が整ってきたら、余計な出費が減って、無駄な自己投資や勉強時間も減りました。少しずつ自分の本音にきづけるようにもなってきました。

何もなくても自分には価値があるということもなんとなく身についてきたと思います。

来年一年は坂庭さんの本一冊を繰り返し読み込んで身につけようと思います。今回はあとがきの公開ありがとうございました。

あとがきを読んでいて、「後がない人たちを助けたい」という気持ちがすごく伝わってきました。普通に生きて行けている人たちも何かしら悩みを抱えていて、些細な事から色々な問題が起こっています。

ですが、皆んな対処の仕方がわかっていませんので(私もですが…)、坂庭さんの経験と想いが、少しでも早くより多くの人に伝わって欲しいと思います。

書籍、楽しみにお待ちしてます。事前公開ありがとうございました!

「●●●●て、ありがとう」

その言葉が頭に響きました。生きていることがしんどくなったり、生きるってなんだろう?と思うことがあります。

坂庭さんの言葉で私も頑張って今まで生きてきたんだな、と励ましてもらった気がします。

いつも厳しいことをお話ししてる坂庭さんですが、心の奥にある愛情を感じることができました。

思い込みに気付いて手放す

それしか、生まれた時から着続けてきた鎧から抜け出す事はできません。 本の出版を楽しみにしています!

実は僕も原因不明の体調不良で現在寝たきりになっており、まさに切羽詰まっている状況の中にいます。

果たして坂庭さんの新刊が発売される来春まで命があるのだろうかと、本当に恐怖に怯える毎日でもあるのですが、今回のあとがきの「死ぬな、●●●」という言葉を見て、万策尽きたと思っても絶対に諦めてはいけない。

どれだけ心が折れそうになっても、僕にはまだ脳がある。脳が使える。寝たきりでも自分に問いかけることは出来る。そう思いました。

何より、僕と同じように寝たきりだった坂庭さんが、本当に元気になられてYoutubeで全国を旅している動画を見ると、僕ももう一度絶対に元気になりたいと強く思います。

今までは色々なことを諦めてきた人生でしたが、自分という存在だけは絶対に諦めてはいけない。生きて絶対に来春には坂庭さんの新刊を読みたい。そう思っています。

僕のように本が出るまでの間に間に合わないかもしれない厳しい状態の人も他にもいると思います。でも、絶対に諦めない。

今回クリスマスプレゼントとしてあとがきをこうして配布して下さった坂庭さんの優しさに本当に感謝しています。本当にありがとうございました。

死にたいと思う人を否定せず重圧に耐えてきたことを理解してくださる文章にクリスマスもお正月も泣いてしまいました。

今日は22歳の娘も一緒に読みました。真面目に純粋な人ほど悩み傷つき背負ってしまう気がします。薄っぺらい優しさではなく、道しるべを立ててくださるようなあたたかさが伝わりました。

自分で救い立ち上がるしかないけれど、どうしていけばよいのか手掛かりになるものがあるとなんとかなりそうな気持ちになってチカラが湧いてきます。

「全部ネタ」笑い飛ばせるくらいになる自分を夢みて諦めず過ごしていこうと思いました。

私はまだまだ甘いのかもしれません。でも悩むし、変わりたいと思うのです。

死にたいけど、死にたくない。変わりたい。本当にそう思います。坂庭さんの人生をかけて伝えてくれているヒントを活かしたいと改めて思いました。

「●●●は●」。3カ月後に笑ってる自分がいるって素敵ですね。自分で作った借金だけど、どうやって返していけばいいかと考えた時、目の前が真っ暗になる感じがしていました。「何歳からでも変われるし遅くないんだ」ってとても救われる思いです。

あとがきを読んでから、色々と思い浮かぶ事があって、「早く、この本を読んでみたい!」という単純な感想が一番最初に思ったのですが、走馬灯のように色々な光景が浮かんできました。いつも、ヒントをたくさん頂き、ありがとうございます!

坂庭さん

あとがきの感想です。

もっと早く出会っていたかった。でも、以前の私なら、自分の力で何とかしようとして、せっかく出会っても近寄っていかなかったかもしれません。

坂庭さんの動画を初めて見たとき、長い間、ひとりでがんばってきたのに、依然として水底にいることに気づいたのです。

坂庭さんのメッセージは、水底でボコボコと口から息を吐きながら、かろうじて呼吸している私への、空からの一条の光でした。

自分だけでは、もうこれ以上、自分を変えることはできない、万策尽きた状態であることを自覚しました。

私のような状況にいる人に、坂庭さんは力強く手を差し伸べてくれます。その決意、愛を感じます。

坂庭さんが言うように、3ヶ月後、私は水面に顔を出し、心置きなく深呼吸して、その喜びに浸っていたい。そして、坂庭さんのように、私と同じ苦しみの中にいる人に手を差し伸べられる私になっていたい。

そんな思いが溢れてきました。坂庭さん、ありがとうございます。

「あなたの前に●●はありません。
あなたの後ろに●●できるのです。」
の言葉に希望しかありません。

早く読める日を楽しみにしています。
坂庭さんの存在に心から感謝しております。

本当にありがとうございます。

かつての20代です。時間を置いて、何度か読み直しました。20代の時に、「死ぬな、●●●!」という言葉を聞きたかった。

今は気づいたけど、辛いのにまだ手放せなくてもがいていること。気づいて、手放したこと。行ったり来たりしています。

しかし人生はいつからでもやり直せると知ったので、後書きのどの言葉にも励まされます。

ほんとうに、いい加減に変われと自分で自分に叫びたい

前よりは、緩めれるようにはなったが、まだ彷徨っている状態ではある

このご本を読んで、もっと希望を見出したいと思います

とにかく途中であきらめる、その救われないことだけは避けたいと思います

ご本の出版楽しみにしています

坂庭さんの言葉はいつもわたしのこころに響きます。使い道がないほどのぬくもりを自分のなかに見出せるようになりたいと思いました。2冊目の本ができるのを楽しみにしています。

坂庭さん、新刊のあとがきありがとうございました。

読みながら、目がじんわりとして涙がでてきました。何が悪くて、どうしたら変われるのか、とずっと思い、いろいろなことを、学んだり、試してはうまくいかず、を何十年も繰り返してきました。

坂庭さんと出会って、数年の間にも色々ありました。体の痛いところ、ようやく今まで頑張ってきた自分を受け入れてケアができるようになってきました。

思い込みを外すことでどう生きていくかを選択できることが、少しずつできるようになってきました。まだ途中ですが、これからも続けていきます。ありがとうございました。

よいお年を!

あとがきの感想です。ヒントをありがとうございます。

他に拠るな自らに拠れ。観念的には何十年前からも知っていた事でしたが、具体的に深く解るきっかけをありがとうございます。

何度読んでも胸がジーンとして来ます。

まだまだ思い込み、信じ込み、刷り込みが有りますが、坂庭さんに縁を頂いた事で69才からもう一度人生を咲かせて幸せになる勇気と自信を頂けた事に感謝します。

来年の春に出版するのを首を長くして待っています。

楽しく変わっていっています。

ありがとうございます。

感謝します

次回の本のあとがき、読ませて頂きました。坂庭さんのたくさんの方に伝えたい強いメッセージを感じました。私も変わる可能性しかないです。出版楽しみに待ってます。

ありがとうございます。この本を読んだ人を本気で救おうとしている熱や思いが伝わってきました。そして、それを「確信している」と聞き、心が高まりました。

あきらめなければ道は開かれているのだと思えました。

今までのことを問いかけることで、癒して、ネタにしていこうと思えました。

これから出版される本が楽しみになってきました。深掘りをして、ブレイクスルーをして、本当の自分を解放します。

2冊目の本のあとがき
泣きながら読ませていただきました。

まだ諦めないという選択肢は残っているのですね。 諦めずに問いかけ続けます。

あとがき公開ありがとうございました。読ませていただき、勇気がもらえました。というか、早く本が見たいです。

この本に全ての光があるように思いました。今までいろいろ現実を解決したくて手を出してきました。体調のことが一番ですが、これからは物に頼らず、自分自身を信じて、自分の力で変われると確信しました。

そのヒントとなるこの本が待ち遠しいです。ここに出会えたことに感謝しますし、こうやって本を執筆してくださった坂庭さんにも感謝しかありません。たくさんの人が救われると思いますし、それによって日本も明るい方に進むと思います。楽しみにしています^ ^

新刊あとがきの感想です。私もこの「脳の使い方」に20代、いえ10代で出会いたかったです。

腐った考え方と在り方と生き方をしてきたツケが、モラハラ夫との離婚、シングルマザー、借金、低収入、生活苦、金カネいう人間しか周りにいない、そんな人生に絶望を通り越して廃人のように生きていました。

坂庭さんと同じく、家族(子どもたち)がいる義務と責任感でなんとか生きながらえていました。

新刊を早く読みたいです。子どもたちにも読ませたいと思います。そして、叶うなら、自死した兄にも生前に読んでもらいたかったです。坂庭さんの発信内容をもっと早く知って教えてあげたかったです。

これからもたくさんの人の希望と兆しとなりますように。これからも応援しています。いつもありがとうございます。

あとがき、読ませていただきました。自分に響く文章が幾つかあって、まだまだ、変われるという気になりました。本の発売を楽しみにしてます。震えて待ちます。

「あとがき」拝読させていただきました。坂庭さんならではの深い優しさが厳しい言葉の間で輝いていました。本章が待ち遠しいです。私ももう一度しっかり学び直したいと思います。

こんにちは、坂庭さん。メルマガ読者です。いただいた「あとがき」読ませていただきました。

「死ぬな、●●●」

これ、まさに10代の時の私に送りたい言葉です。当時の願望が「一瞬で消えてしまいたい」だったので、こういうかけてくれる大人がいたらどんなに心強かったか。

シンプルでボリュームのあるあとがきなので、本編がますます楽しみになりました。

ぜひとも続編が読みたいので、シリーズ化を熱望します。全部読ませていただき、私の人生を更に変えていきたいです。学校の図書室にもこういう本があったらどれだけいじめられっ子が救われるでしょうか。推薦図書になってほしいですね。

それではよいお年をお迎えください。坂庭さんとご家族のご多幸を祈りつつ。

お世話になります。いつも坂庭さんの配信を待ち侘びています。

新刊の「あとがき」を拝読いたしました。見えない敵と戦っている、、とありますが、本当にそうですね。脳に問いかけ始めてもう少しで1年ですが、親のことを敵だと思っていた気持ちが全く無くなり、感謝しかないです。

5年前に自殺した親友にも教えてあげたかったです。私がもっといっぱい変わって、周りの人に実体験を伝えていきたいと思います。

新刊の中に、坂庭さんが掴んだ数々の宝物がある事と思います。発刊を楽しみにしています。

「死ぬな、●●●」の言葉がとても刺さりました。「誰でも、何歳からでも人生をアップデートできる」という力強い言葉は、私にとってとても励みになりました。

なんとしても変わりたいという気持ちが湧いてきます。坂庭さんの愛を感じました。あとがきを、プレゼントしてくださってありがとうございました。

いつも貴重なメールや動画有難く拝見しています。ありがとうございます。

あとがき、読ませて頂きました。初めからなぜか涙が溢れてきました。

「●●●」というフレーズが本当にその通り!絶対忘れないでいたい言葉です。とにかく、早く早くに本が読みたいと思わせて頂きました。

素敵なクリスマスプレゼントを本当にありがとうございます!!

坂庭さんの優しさと熱のこもったメッセージと思いました。脳をアップデートしたい。幸せを感じて生きたい。家族を幸せにしたい。新刊は絶対読みたいです。

あとがきを読ませていただき、将来に希望の光を差してくださる坂庭さんの愛情の深さに感動しました!本編には坂庭さんの素晴らしい知恵が盛り込まれていると思うと新刊が待ち遠しいです!ご提供ありがとうございました!

早く本の内容を知りたいです。あとがきの言葉は坂庭さんが自分に言ってくれているようで泣きそうになりました。ありがとうございます。

文章を読ませていただきました。不思議と涙が出てきて、意識していませんが自然と涙が出るのです。

ただ読んでいるだけなのに?心で感じることが自然と涙になっているのだと思います。

もう苦しまなくていい、と、心に響いているようです。ありがとうございました。本、楽しみにしています。

あとがき公開ありがとうございました。私は坂庭さんと出会い、諦めることをやめました。

ただ自分に問いかけて、気づいてやめるだけなんだと、そこに道はある、諦める必要はないと分かりました。

答えは自分の中にしかない、その答えを探すヒントが全て書いてあるというこの本が、本当に待ち遠しいです。

人生をやり直すために、早く第二の人生を生き始めるために、本を最大限使い倒したいです。というかもう、第二の人生に足は踏み入れたと思っています。

本物のぬくもりを感じるために。出版を楽しみにしています!ありがとうございました。

絶望して生きてきた、多くの見えない敵と戦ってきた、これはいかにも自分の事に間違いありません。死ななかったのは、死ぬ決断が出来なかったからに他なりません。暗い夜道で迷って立っている中、光りが見えたような気がしました。

人生諦めたくない、自分で見出していく。本が発売される前まで何度も読みます。公開してくださり本当にありがとうございます。

坂庭さん、こんにちは!

いつもお世話になっております。

「あとがき」、読ませて頂きました。
もちろん泣きました~泣

文面から、坂庭さんのぬくもりが溢れていました。

死にたいと思うことは少ないかもしれませんが、やっぱりつらくて …。思うように変わらなくて…,苦しくて…。

でも、諦めようとは思っていません。

それは、やはり自分が変わることが、自分とそして、周りの人の幸せにもなるからで。そのために変わることを、ずっと坂庭さんが応援してくださっているからです。本当に、ありがとうございます。

出版される本が、私のバイブルになることは確実ですね!2月までが長く感じるほど、楽しみです!

今年1年、本当にありがとうございました。引き続き、来年も宜しくお願いします!

坂庭さん

いつも、本当に、ありがとうございます。

2023年クリスマス、
ステキなプレゼントをありがとうございます。

坂庭さんの心底やさしさが溢れています。昨年のクリスマスの自分は、坂庭さんの事を知ったばかりで、ワンデーセミナーを待っていた状態で、脳がカオス炸裂、真っ最中だった状態だった自分を思い出しながらクリスマスプレゼントを読んでいました。

不安のカタマリで、カラダが動いていなくても、常にソワソワ落ち着かない状態だった昨年の今頃は、今の自分が存在することすら、想像も出来なかったです。

昨年のクリスマスは、坂庭さんのYouTubeの動画を観て号泣していました。年末、新しい年を迎える今、死にたいと思っている人達がいるんだろうな…

自分も、過去に死にたいと思った事があり、育ててくれたおばあちゃんが自殺をしてしまった事で、もう、自ら死を選ぼうとする人がいること、残されたその周りの方達も、ずっと苦しい思いで生きていること、を、出さないように、自分も、ほんの少しでも、坂庭さんのように、影響のある、人物になれるよう、まず今の自分の脳をまだまだ少しでも、脳を整えて、まともに生きていけるように、と思いました。

クリスマスプレゼントだけでなく、本当、いつも、ありがとうございます。

あとがき・・・。

これだけでたくさんのきづきがありました。

変化することが怖くて逃げてきた人生はもう辞めます。自分が変わることで、周りも変わってくるのでしょうね。少しずつですが、周りにも変化が現れています。

見えない鎧を幾重にも着込んでいたことに気づき、最近では玉ねぎの皮を剥くように一枚一枚その鎧を脱ぎ捨てて身軽になっております。

すべての鎧を脱ぎ捨てて、身軽になって人生を楽しんでいきます!

書籍の出版が待ち遠しいですが、出版されるころには今の自分からどれだけ変わっているのか楽しみです!

毎日のメールや無料You Tube動画・・・坂庭さんの懐の深さにただただ感動です!本当にいつもありがとうございます!第二弾・第三弾も楽しみにしております!

一生懸命生きているのに脳の使い方を知らないばかりに自殺まで行ってしまう人が多いのは本当に無念でなりません。

みんなが脳の使い方を変えて本来の自分を生きることが出来たらどんなにいいでしょう。

後書きの感想

坂庭さんの元に「死にたい」という問い合わせが何件もくることに胸がとても痛みます。

たったひとりで誰にも言えない、誰にも分かってもらえない、どうしたらいいか分からなくて、ひとりで抱えこんでいる人たちがたくさんいることに心が痛みます。

脳のバグを修正してアップデートすることでそれらの悩みがよくなるなら本当に全ての人に届いて欲しいし、私も熟読したいです。

全ての人の救いのヒントがある新刊の販売、心待ちにしてます。

「あとがき」を読ませて頂きました。自分のこれまでの人生を思い出して涙が出てしまって、胸がいっぱいになりました。この本が、坂庭さんのセミナーを20代、いいえ、10代で出会いたかったです。 もう残りの人生は諦めようとしていました。本の出版を楽しみにしております。

まえがきを読みました。

「死ぬな●●●!」ホントにそうやな?と思いました。追い詰められている人にどんな言葉をかけようと、相手には響かないでしょう。

坂庭さんは先に地獄を見た、その経験をベースに、それを見ないで済むように寄り添ってくれる、そう思いました。

あとがき、公開ありがとうございました。

まだ思い込みに気づけないでいる。まだ変われないでいる。でも、問いかけて気づいて手放すと知ってしまったので、1つずつ丁寧に問いかけていくだけだなと。

坂庭さんがいてくれて、暗闇を照らしてくれている。

私も自分が変わる事で、誰かの暗闇を照らす光になると決めています。

本の出版を楽しみにしています。

「あとがき」という珠玉のクリスマスプレゼントを受け取りました。

波乱の2023年の暮れに、この「あとがき」を読めた幸運に恵まれたことに感謝です!

この「あとがき」だけでも「生きていいんだ」「生きていてよかった」と感じた人は大勢いると思います。

2冊目が楽しみでなりません!先生の著書を通じて、自分の未来を自分で照らせるように取り組みます。

良き2024年をお迎えくださいませ。

坂庭さん!2冊目ご出版おめでとうございます!

そして私たちにもおめでとうございます、と言いたいです。なぜならこの本で間違いなく将来は良くなると思いました。

最近の坂庭さんは大変愛情のこもった厳しいお言葉が多いと思ってたのですが、この本のあとがきには、坂庭さんの私達へのストレートな愛情がたっぷり伝わってきて、読んだは誰もが救われそうな気がします。

あとは良くしていくも、現状のままの人生を続けるのも自分次第。良くなりたいと思っていたら自然と行動に出られそうです。そして大切な家族にも読んでもらいたいと思います。

おかげ様で私は売上が昨年度は2000万円、今年度は3000万円になっています。収入も毎年100万円増えています。

もっとスピード感を持って変わりたいので、早く新しい本を読んで、さらなる脳の使い方をレベルアップさせたい思います。楽しみにしております!

あとがき感想

出版までの、今、この時に苦しんでいる人の事を考え、つまり四六時中問いかけを実践されながら「あとがき」を先に公開してくださる坂庭さんの想いを感じました。

「優しさ?」なんて言葉が軽く感じる、これぞ愛。生きてるだけで丸儲けが詰まったあとがき、響きました。

最後まで読んだ後、 本文もぜひ読みたくなりました。

無意識というか「こんな思い込みがあったのか!まだまだあったのか!」と思うくらい、ものすごく深い壺のように感じているので、どんな人にも何かしらの気づきがあるかもしれないと思います。

全員がこのすごいヒントを手に入れられたら世の中は本当の意味で良くなるかもしれないと感じました。

クリスマスプレゼントの感想

死をリアルに考えるほど、自身は切羽詰まっていないのですが、坂庭さんはご自身の経験から、その状態にあるの方々の気持ちに寄り添って、本気で救いたいと思われていることがよく伝わりました。

私は、死ぬのは怖いし、生きるのは辛いし…という、どっち付かずな状態で生きてきました。

自身の事だけならそれでもまだ良いのですが、子供が生まれ、成長するなかで、自身の中の未消化な物のせいで子供に辛く当たってしまう場面も多々あると感じ、一刻も早く自分の問題を解決しないと、自分の問題を子供に引き継いでしまう…と感じています。

今は坂庭さんの動画と書籍を見て、wantで考える癖付けと、自分の気持ちを紙に書き出す事を少しずつ行っています。新刊もぜひ拝読したいと思いました。

新刊本に込めた魂の熱い想いを感じました。というより坂庭さんが本に命を吹き込んで産み出されたというのが伝わりました。

是非新刊が発売されたら購入して読んでみたいと思わずにはいられません。

新刊本を今の混沌とした激動の時代に一つの光明を世に出して頂きまして有難うございます。この本の波動から少しでも変われる人が増えることを願っています。

クリスマスプレゼントありがとうございました。

私は、頑張れば頑張るほど、大事なものを削ぎ落してしまい、余計なものをくっ付けてしまいました。

おもりを担いで水に飛び込み泳げず、岡に上がっても濡れた服を脱げないで寒い思いをする。そんな表現がぴったりな人生です。悪い表現がいくらでもできる人生です。

これが、脳を変えて、人生が変わったら。どんな素敵な言葉で自分の人生を表現できるだろうか。

そんなことを考えた、クリスマスプレゼントでした。

本の発売を楽しみ待つなんて、子どもの頃に祖父が月刊誌を買ってくれた、あの頃以来かもしれません。
早く手に取って読みたいです。

クリスマスプレゼントありがとうございます。震えて読んで、震えて泣けました。

どうしたらいいかわからないとき、言って欲しかった言葉がここにあったと感じました。

私も涙が出ました。2度目少し冷静になり読み返し、3度目、うんうんとうなずきながら噛み砕きました。

最近坂庭さんのユーチューブ、メルマガみながら少しづつ脳のバクがざわついてきました。

答えは自分の中にある。見たくなかった事を一つ一つ深堀し、自分の脳にアクセスしてたら、コロコロウンチでしんどかったのがバナナウンチが出てきました。予防医学で栄養を勉強しても変わらなかったウンチがびっくりです。

食事内容変わらないのに。いろんな事試したけど身体も人間関係も仕事も変化なかったのに、最近繋がれるようになってきました。

報酬系思考まだまだですがあきらめず、自分に問います。ありがとうございました。

10代の頃、生きる意味が分からず死にたいと思っていた。でも、死ぬ勇気はなかった。

40年経ちまだ生きる意味が分からない。そして、誰かに殺して欲しいと強く思う。何もかも中途半端。気付いた気になって一歩も変わらずにいる。身体はどんどん痛くなる。首が痛い。有るが、あると思えない。

でも、脳への問いかけは続ける。変わる事ができると分かったから。

坂庭さんがいつも、誰か家族や周囲の人達を待たせてるって仰ってましたが、その度に私は誰も待たせてないし、大切な人なんて思い浮かばないし、家族とも疎遠だし何なら近づきたくないボッチだし、楽だからそれでもいいや~って思ってました。

でも、今回のご著書のあとがきを見せていただいて、改めてこのことをおもったとき、なんか涙が出てきました。

ふと私は、自分のことを待たせているのでは?と思えたのです。今の所、自分以外に大切な人なんて思いつかなかったので。

私は人からだけでなく自分からも逃げ回る人生を送ってきたのですが、それはすごく自分を蔑ろにしてきた人生と言えるって思いました。

自分との関係をやり直したいと思いました。

坂庭さんの2作目著書の後書を拝見しました。ありがとうございました。ぐっと込み上げるものがありました。まるで自分に言われているかのようにのめり込みました。

何度も読み返して、何度でも出会いたいと思います。本を手に取り、読むのが楽しみです。新しい自分の背中を押してくれると確信しています。

待ちに待った「トミーサンタからのプレゼント」
しかと受け取りました。ありがとうございました。

「死ぬな、●●●」ですね。

本が完成・販売され多くの方々が手に取ることにより、日本国民の意識レベルが上がり、より良い国として発展して行く事が期待出来るのではないかと思いました。

600ページを超えた原稿も気になります。今回の続編・2弾3弾にとどまらず、シリーズ化され大ベストセラーとなる事は間違いないのではないでしょうか。

とても楽しみです。今回は、素晴らしいプレゼントをありがとうございました。

坂庭さん、プレゼントありがとうございます。今年のクリスマスイブとクリスマスはとても嬉しいものになりました。

たくさんのプレゼントをもらいました。

私は気付く。のではなく頭で考え過ぎていたのかも知れません。今、少し軽いです。

皆さんの命から出来たこの本。緊張します。本当に、受け取る時に震えてしまいそうです。

「私はいつでも、ここで、、、」 なんて、世界中の誰が言ってくれるでしょう。坂庭さんの優しさが、大きさが、言語化が、正に溢れんばかりです 。世界中の人に繋がり理解してもらえる心響く内容でした。

「あとがき」の最初から、ズシンと胸に突き刺さって来ました。「生きろ」ではなく「●●●」と言われれば軽くなる。

●●●すればいいんだ!!それだけでいいんだ。と気持ちが軽くなる。

私が、30代の頃に坂庭さんにお会い出来ていたら…、人生変わっていただろうに。

長年営業の仕事をしていましたが、自分に問いかけ来年から新しい仕事をスタートさせます。「いつからでも誰でも」の言葉に勇気を頂きました。本を楽しみにしております。

坂庭さん

メルマガ、YouTube共に、いつも震えて観ています!

この度も、楽しみに待っていました。生きるって素晴らしい奇跡ですね。

坂庭さんから気付かされた沢山の事を活かし、前に前に進んでいきますね。ありがとうございます!

そして、Merry Christmas!

本の出版、楽しみに待っています!

いつもありがとうございます。

PDF見させて頂きました。仕事の途中読み思わす涙を流してしまいました。2ページ所が一番心に残りました。本当に涙しました。

私の患者さんにも精神科の方やうつ病で薬を処方されもっと悪くなり、本当のことを伝えていきたいものです。

早く薬の世界も消えて欲しいですし2024年からはいい歳であります様に、2冊目の本が出るのを楽しみに待ってます♪

こんにちは。

あとがき、読ませていただきました。
やっぱり泣けました。新刊、楽しみです。
薬屋のひとりごと、漫画もアニメも大好きです。

本の後書き読ませていただきました。

凄い!

是非、本編を読みたいです。

後書きだけで元気が出てきました。

早く読みたい。

前書きも是非お願いいたします。

素敵なクリスマスプレゼントありがとうございました。

坂庭さんのYouTubeや本に出会えてから1年経ちますが腑に落ちない焦りややっぱり自分が強欲の塊で甘えがあってエゴだらけだからダメなんだと責めていました。

あとがきを読ませていただき涙が溢れ出てきました。張り詰めてた気持ちが温かい言葉で溶かされました。本当にありがとうございました。

新刊あとがきの感想です

「読んだ人が泣いた」と書かれてると逆に冷静に読んじゃうよ‥と斜に構えながら読み、数行で泣きました。大変失礼しました。

昨晩初めて、ふと死にたいと思った所への「死ぬな、●●●」というメッセージでした。

最高のクリスマスプレゼントです。

坂庭さんがご自身の利益だけで発信されている方ではないと分かるあとがきでした。こちらの本、購入して読みたいと思いました。

本当にあとがきだけでも泣きます!本編早く読みたいです!いつもありがとうございます。

はい、変わります!
今ここから変わります!

現在、有料コンテンツを受講中です。坂庭さんの愛の鞭ともいえるコンテンツ、そしてお言葉ひとつひとつを心地よい最高の指針として自分を変化させているところです。

この本のあとがきは、坂庭さんらしい、これまでの発信と一切ブレのないメッセージで嬉しく感じます。もう、早く読みたーい!まだまだヒントをいただけるなんて、わくわくです!!

トミー

あとがきをありがとうございました!

泣きませんでしたが、泣きそうになりました。

私は、今、有料コンテンツで学んでいますが、本格的に始まったと思ってます。

被害者から、ようやく抜け出す決心ができたら、色々な気づきが嵐のように見つかって気づきの雨にずぶ濡れです。何で雨かというと、気づく度に泣いたり、笑ったり、泣いたり泣いたりするからです笑

もう、戦ったり守ったりする必要はないのですね。私の後に●●ができるなんてすごいです。私が光になって、少しでも周りの人に役に立てる人間になれたらと思います。

脳を整えたら日々の生活がシンプルになり、あんなにせわしくてバタバタしていた日々が、静かになりました。

あんなに毎日、他人の気持ちを考える事と義務感で押しつぶされて苦しかったのがウソのようです。

すごく静かな気持ちや時間を得る事ができて嬉しいです!もっともっと母や父への思い込みを深ぼって思い込みに気づき、本来の自由な自分に戻っていきまーす!

後書きの感想

脳がスッキリしている人の、スッキリした文章で、変に力まず、でも、大きな包容力を感じ、感動しました。

ほんとうに、沢山の人を救って来られたと思います。私もそうです。

愛しき●●●……(笑)やっぱ最高!坂庭さん。出版が、待ち遠しいです。

600ページ版が気になるとこですが、出版されたら、是非読みたいと思います。

答えは自分の中にある、ずっと問いかけてます。まだまだ、答えが出てこないですが、さらに掘り下げていこうと思えるあとがきでした。

死のうとまでは思っていませんでしたが、読んだらなぜか涙が出てきました。本当の自分が反応しているのでしょうね…。

わりと楽な考え方、捉え方で生きてる方なのですが、ひょっとして、身につけた手段で生きているだけで、それは鎧を被っているだけで、本当の自分の声を聞いてあげていないのではないのかな、と読む内に感じてきました。

出版、楽しみにしてます。

なんだか泣けますね、ホント。ネタ‥なるほど、なるほど、なるほどです

LINEに「友だち追加」して無料で「試し読み」をしよう!


まえがきのレビュー

 50代

すごい!人類はこれで進化するのだな!と思いました。

既存のスピリチュアルや宗教は再現性が低すぎて、むしろ余計な刷り込みになったり、又かなりの割合で他力本願を生んでいる。

他力になると、自問自答をやめてしまうので、答えにたどり着けなくなる。(私はすでに坂庭さんの動画も沢山見て、まえがきの話が真実だと知っているので)坂庭さんの本で、世の中の鬱や自殺や戦争がなくなることは間違いない、と思う。

そしてまえがきを見て、改めて、やはりそうなんだな、私にとっても人類にとってもこの時がきたんだな…と思いました。まさに「震えて待て」ですね。本当に自分が、世界が 変わる時が来た…と内側は震えています。

 50代

なんて中身の濃いまえがきでしょう。

読みたいと渇望する人々だけでなく、今は受け入れる事が出来ない人々まで思い遣る、深い愛を感じました。偽りない「溢れっぱなし」の愛を。

毎日の生活や役割に流され、本気で変わろうとしていない自分に活を入れてもらいました。出版を震えて待ちます。

坂庭さん、沢山の荒波を超えて得た知恵を公開してくれてありがとう。生きていてくれてありがとう。

 50代

坂庭さん、おはようございます。

本の予告をいただいてから、毎日、毎日、心待ちにしておりました。

「あなたも、自由になれます。1人でも、誰とでも、どこへでも、どこまでも行けます。」

まえがきを二回読ませていただきましたが、毎回この文章に吸い寄せられました。

暗闇の中、やみくもに手を伸ばして助けを求めていた時、坂庭さんに出会いました。おかげさまで自分への向き合い方がわかり、今は日の出間近、水平線が明るくなり自分の姿が見えてきました。

あとがきのレビューを読んで、私はなんて浅い人生を生きてきたのだろうと思いました。暖かな心で懸命に生きている人たちがこんなにいると感動しました。

この本で多くの人が救われますように。グットモーニングワールド、世界中の人たちに明るい朝がやってきました。

 60代

前書き、後書き読ませてもらいました。前書きでは、勇気をもらいました。変われる勇気です。後書きでは、坂庭さんの愛が伝わって来て泣けてきました。

借金で悩んで変わりたくって今、少しづつですが変わりつつあると思ってます。でも借金が変わる事もなく自転車操業も追いつかず自己破産も考えないといけないかなって思ってた所だったので、この後書きか゛胸に来ました。本が出たら困ってる人に紹介したいと思います。

 60代

こんにちは。前著も読ませていただきました。本を読んで、「答えがないからこそ、本物だ」と思いました。今回の前書きを読んで、3ヶ月、この本と向き合いたいと思いました。私の中の答えを探してみます。

 60代

「まえがき」を読ませていただきました。経験を重ねたうえでのひと言ひと言には明らかな重みがあり、心を打たれます。自信を感じます。さらにパワーアップされた坂庭さんの信念を感じます。

まったくブレていない筋の通ったお方の本編を読むのが待ち遠しく震えが止まりません。自分の生き様を自分で変えていく、そしてその後に何が待っているか?残りの人生が楽しみです。「答えは自分の中にしかない」唯一無二のお言葉に感謝です!

 50代

「待たせたな」

幾度となく目にしたり、耳から伝わり心に響いた言葉。私は、この言葉に、どれだけ救われたか分かりません。

”待ってて良いんだな”というのと、”待ってて善かった!こういうことが聴きたかった!”って、いつも喜びで心が震えます。

そして、『万策尽きても、まだ、諦めないという選択肢が有る』

このメッセージにも、どれだけ勇気をもらったか分かりません。諦める理由なんて、実は何もなかったんだということにも気が付きました。

私は、毎日《有るもの探し》を書き出してもうすぐ100日になりますが、坂庭さんの言葉の全ては、有るものに意識を向けていることが、本当に腑に落ちるのです。再現性が高いし、可能性が広がっていくのを全身で感じている毎日ですよ。不思議と心に余裕が生まれ、笑顔になって優しい気持ちの自分がいます。

坂庭さんは、どん底や絶望を体験され、そこを卒業されたからこそ伝える言葉に嘘はないし、いつも正直で真っ直ぐなんですよね。なので、私も思い込みや信じ込み、刷り込みに気づいて手放すことで、安心感で自分を満たす生き方ができるようになってきました。

色んなことを学び、種は蒔いたけど、芽生えさせ方を知らなかったことにも衝撃を覚えました。ああ、だから、ずっと何も変わらず倖せになれなかったんだ。これからはここを止めていこう。双葉は、やがて大きくなり大木になり、実をつけることを楽しみに震えて待ちます。

私はブレイクスルー美人になりますよ。笑

今、氷見市は震災の爪痕の修復作業に追われていますが、だいぶ活気付いてきています。ビキビキに割れた道路、あちこちにヒビが入った建物を見るのは辛かったのですが、有るもの探しをしていて、こうも思いました。

「ガンバってくれてありがとう」
「ここで止まってくれてありがとう」

なぜなら、被害が起きたことは哀しいことだけど、全てが壊れたわけではないし、今、こうして生きている事実があることに気づいたからです。

私は氷見市を始め、富山県に育ててもらいました。被害もほとんど受けなかったので、これからは復興に向け、恩返しをしていきます。坂庭さんが道を照らしてくれているように、私も氷見を照らしていく、そんな人になりますね。

さんざん悩んだけど、今、言えることが有ります。

「どんな自分でも価値が有る」

それは、ブラックなことを考える自分が居ても良い。けど、そこに立ち止まらず変わろうとしている自分もいる。という意味です。これが確信に変わったら、哀しみや絶望に涙するひとたちに伝えていくと決めています。

2024年は、当たり前が壊れていく。そんな幕開けで始まりましたが、踏ん張ります。自分を信じて。自分の可能性を拓いて人々にも伝えていきますよ。

坂庭さん、いつも本当にありがとうございます。厳冬の富山ですが、暖かい気持ちで人生に降り積もった雪が溶けそうな。そんな確かな感覚をひしひしと感じています。

寒が明ければ、もうそこは春ですよ。北陸や新潟に、明るい春が訪れることを願って。

そして、こんな時だからこそ、真の希望が必要です。一人でも多くの人が坂庭さんの本で目醒めることをイメージしています。

 60代

まえがきに泣きました。

坂庭さんとの出会いは1冊目の本でした。主人が急死し、様々な困難に遭遇し、死んだほうがマシと拗れに拗れていた時に坂庭さんの1Dayセミナーに参加。

光を探して彷徨っていましたが、生きる目的に気づき、光は己の中にあることに気づいた時、生きてることが楽しくなりました。

新刊を早く読みたいです。待ち遠しいです!新書を手に取り、たくさんの人たちが私のように自分自身の生きる目的や幸せに目覚めますように。

 40代

クリスマスのあとがきで泣きましたが、まえがきで良い未来に進める気がしてきました。気づき変わる事を目的に坂庭さんの本が出る前から自分に問いかけたいと思います。

 50代

「エビデンスは自分(坂庭)自身」とういうフレーズに唯一無二の表れを強く感じました。そして次のエビデンスは読者だというメッセージに感じました。前作もそうでしたが紹介して回りたいです。販売を楽しみにしております。

 60代

まえがき、見せて頂きました。ありがとうございます

「この本に答えは書いていない、答えは自分の中にある」この言葉を忘れる事は出来ません。

どん底を経験し、絶望の淵を見た人にしか語れない真実が有る。「生きてるだけで丸儲け」この言葉が出てる後半のビデオ、コロナから回復した時の話は感動しました。坂庭先生はこの為にコロナになって今ここに居るんだな、出来たんだなと腑に落ちてわかりました。

ここまで追い詰められて「生きてるだけで丸儲け」この言葉が降りて来たのは間違いなく坂庭先生だからの経験だったと思いました。ありがとうございました。

 60代

万策尽きても、まだ、諦めないという選択肢がある  byトミー

この言葉に坂庭さんの伝えたいことが全て集約されてる気がします。あとはやるだけ。問い掛けて変わるだけ。

 50代

とても「まえがき」とは思えない、ボリュームと内容でした。本が出版される前に絶望している人たちに是非届いて欲しい…

ぼくも坂庭さんに会うまでは出来ることはすべて試しました。5年で4000万円投資しましたが、やればやるほどこじれていき借金は増え、人間関係はボロボロ、体調が悪くなったり怪我やトラブルがどんどん増えていきました。

もう世の中の人間すべてが敵で絶望しかありませんでした。がんばっている人が報われないなんて不公平だと思っていました。

あれほど死にたいと思っていたのに、今では人を救う仕事ができています。坂庭さんに教えていただいたトルストイの「誰もが世界を変えたいと思うが、誰も自分自身を変えようとは思わない」がいつも頭の隅にあります。

本当に世界を変えたいなら先ず自分を変えることが大切なんだということ。もしかしたらこれは自分が変わらないと分からないのかもしれません。

「世の中のために、人のために」という想いが強く現状がこじれている方には、このまえがきだけでも読んでいただきたいと思います。自分が変わり、ご自身のやりたいことができるようになると思います。出版が待ち遠しいです!

 50代

またまた坂庭節炸裂ですね。笑

全ての動画、本を拝聴させていただき、ますますこの感覚が広がっていくんだなあと感じました。一人一人が自分を見つめ、生きていていい、自由でいい、そのまま生きていていいんだと気がつけたら、どれだけしあわせな世界になるでしょう。

私個人としては、「ひきこもり→●●●●」が笑えました。そんな日が来るんだなと期待して自分を見つけていきたいと思います。

あとがきの、「死ぬな、●●●」に、感銘受けました!変われるまでがんばります!

 50代

大きな思い違いをしていました。

この期に及んで坂庭さんに頼っていました。坂庭さんはひとりで、何の保証も無い中、脳の使い方を少しづつ変えて、それを少しづつ確信に変えていかれたのです。私は、坂庭さんの道を後ろから歩こうとしていたのです。

「私の前に道はない、私が歩いて自分で作っていくんだ!」自分の道を歩むこと、やっとその意味がわかりました。

相変わらずだめだめですが、絶対に軽やかに自分の人生を歩けるようになりますので、もう少しお付き合い下さい。

 30代

やはり脳が全てだって事を改めて実感致しました。

思い込み、刷り込み、信じ込みを全て捨てる事で人生大逆転出来る事、脳は無尽蔵なので自身が変わる意思が無いと現状は変わらない事を思い知らされました。

坂庭先生がどん底の人生を味わってきたからここまで強く言い切れる事、ここまで変わってきたのが何よりの証拠だと思います。

まずは3ヶ月、自分と向き合い、自身の脳のOSをアップデートしていきたいと存じます。 坂庭先生の新書の出版、楽しみに待っております。

 50代

なんだか今まで読んだことのない感じの、悟り?なのか、突き抜けた?感じなのかはわからないが、どの様にして、今のこの状態になられたのか?気になりました。

 30代

新刊のまえがきを拝見しました。

読んでみて、改めて「変わりたい」と思いました。

『あなたはウェビナー、動画コンテンツ、起業塾、グループコンサル、個別コンサルをハシゴしていませんか?すでに何百万円、何千万円も使い、セミナージャンキーになっている人もいるでしょう。』

まさに私のことです。これを本当に恥ずかしいと思ってきましたし、それなのに、何一つ結果に繋げられないことが情けないと思い続けて10年経ってしまいました。

つい最近も、「100万投資できない人が100万稼ぐことはできない」などと言われ、心が揺らぐくらいには自己基準の判断が狂っていると思います。

刷り込まれた内容を、別の何かがまた入り込んで刷り込んでいく。

この繰り返しで、一体、自分の考えはどこに有るんだろうと途方にくれてしまいます。もう、袖がなさすぎて追加の投資なんてできやしません。今の自分を変えて、この状況を乗り越えていきたい。

そう強く思わされる内容でした。

 40代

『まえがき』を拝読して

出版までの経緯、坂庭さんの想いに心打たれました。YouTubeも拝見しておりますが、書籍化してくださり、本当にありがとうございます。

「答え」は無くとも、「まずは3ヶ月」そしてその先も、この本が寄り添ってくれるのかと思うと、温かな希望に包まれずにはいられません。

タイトルは『the sign』ということですが、より必要な方に届くメッセージになることを期待しています。

 40代

まえがきの公開、ありがとうございます。 

まえがきに書いてあることは、これまで坂庭さんがずっと動画などで話してこられたことをまとめたものだと受け取りました。

私自身、まだ大きな気づきがないため、焦ったり、自分を責めたりしてしまいます。それに加えて、自分が幸せ者であること、絶望が足りないことも自覚があります。自分と向き合うことすらできずに(覚悟が足らないかもしれませんが)、ずっとモヤモヤの中にいるみたいです。

まえがきを読んで、本編が読める日が、とても楽しみになりました。そして、自分が変われて家族も良くなっていくことが、楽しみになりました。これからもよろしくお願いします。

 50代

まえがきを読みました。

坂庭さん

私は有料コンサルを受けています。3ヶ月を超えたあたりから、自己原因型に脳を切り替える事に成功しました。

そして、思い込みに気づいたら、人に対する憎しみ、怒り、執着が消えてしまうのです。不思議です。

父母の事も大好きになりました。

モヤモヤするたびに何度でも、深掘りしていくと、同じ出来事から、違う思い込みが見つかったり、もっと深い所に、思い込みが見つかったりします。

今まで辛くて思い出したくなかった場面にも、深掘りできるようになりました。

今まで本音で生きたい!と思いながらも、本音を言う事が出来なかったのですが、本音を言う事ができるようになれてます。

そしたら、人間関係が劇的によくなりました。なんという感謝でしょう!

まだ他人のせいにするくせは、ありますが^^;モヤモヤすれば深ぼるという習慣ができて、それをすれば絶対によくなる!楽になるという経験をしたなら、

もう、あともどりなんかできません!

ここまできたらもう幸せになるしかありません。

こんな幸せを味合わせてくれてありがとうございます。私を待っている人たちを、もう待たせないように、もっともっと気づいていきます!

より多くの人に坂庭さんの思いが伝わりますように、私のように、より多くの人が救われますように!

 50代

まえがきの感想です。

つくづく思うのは、成功者、というか、人生を謳歌してる方は皆さん、思考がとてもシンプルだということです。

坂庭さんが常に言われていることも「問いかけて、気づいて、やめる」こちらを一貫していろんな角度から伝えているだけの、非常にシンプルなメッセージなんですよね。

今度の新書を読んで、まだ踏み込めていない自分の思い込みに気づき、シンプルに現実に反映するきっかけを作りたいと思います。

 40代

まえがきの感想です。

「万策尽きても諦めないという選択肢が残っている」
に心が動きました。

メールやYouTubeで配信を見て、問いかけて、でも、途中でわからなくなってを繰り返しています。迷子状態な気がして、私はダメなのかなと思うこともしばしば。でも、やっぱり一度きりの人生を諦めたくはありません。

自分の生きる目的を分かった上で命を全うしたいです。そして子どもたちに変な思考の癖をうつしたくもありません。諦めずに、また自分に問いかけて行こうと思います。

 40代

「まえがき」を読んで。

世の中には、本当に壮絶な人生を歩んでいる人が、たくさんいるのを、この「まえがき」だけでも感じました。自分も辛くて死にたいと真剣に死ぬ場所を考えていた時期もありました。それが、自分の脳のバグのせいだったなんて思いもしませんでした。

情報を集め、平和主義と言いながら、他人のことを評価している自分がいたり、自分にとっては何が必要なのかと知識ばかり集めていました。私も健康オタクになった一人です。ただ、それを続けることは難しかった。

今は、そんなことよりも、どのようにして脳のバグを取ればいいのかと焦っていましたが、焦っても腑に落ちる気付きがなかなかなくて、ただ漠然としていましたが、最近、自分の根っこに気付き、手放しました。それに気付いた時は、自分で「はー??」と言ってしまうぐらい、自分は今まで何をしていたんだろう?そりゃ、こじれるわ!と笑ってしまいました。

坂庭さんに出会えて、自分を信じて、今やっと自分を愛するということが「頭の中の分かった」ではなく、「腑に落ちて」分かります。やっとここまで来れました!まだまだこれからが楽しみです。

「まえがき」にもあった、種から芽を出して咲かせていきます!早く本にあいたいです!!楽しみに震えて待っています。

 40代

まえがきの感想と感謝をお伝えしたく送ります。愛を感じました。会ったことないのに大丈夫だよと抱きしめてもらったように受け入れられた感覚があります。

動画学習で見たことを始めました。両親との関係も今まで一番いい状態です。なんだ、やっぱり嘘じゃなかったんだって実感してます。

本を楽しみにしています。そして、お金を払って、会員になって、お会いしたいので問いかけ続けます。ありがとうございます。

 50代

後書きの公開に続き前書きの公開ありがとうございます。読ませて頂いて、生きる目的が明確になってきました。これまでも沢山のヒントを頂いてきましたが、本編に鏤められているヒントに出会えるのがとても楽しみです。 

 50代

まえがき、ありがとうございました。
坂庭さんのことを知って、まだ半年にもなりません。書籍を読み、動画を視聴し、いくつか実践していますが、まだまだ中途半端だな、と思い「人生を変えたい」という本気度もまだまだ醸成したいと思っています。

あれこれ手を出したり自分以外に答えを求めたりせず「落ち着いて」「焦らず」に脳に問いかけていきたいです。最近「頭で意識して」家内に大声で怒鳴らないようにしていますが、家内から「ありがとう」の言葉がよく聞かれるようになった気がします。でも自分の中で何か思い込みに「気付いた」とか、まだそんな感覚はないです(あ、でも、もしかしたら、家内は以前から言ってくれていたのかも。私が聞こうとしていなかっただけかも)。

「報酬系回路」や「気付いた瞬間にすでに有る」も、まだまだこれからです。そんな私ですが、坂庭さんの第二弾目の書籍を楽しみにしています。これからも指針とさせて頂きたいと思っています。

 40代

坂庭さんがいてくれるから、たぶん応援してくれてる誰かがいてくれるから、2冊目の本も読んで自分にはできないとか、もう遅いとか思わずに「本気で自分と向き合うこと」「生きる目的を明確にする」ことから逃げずに本当の幸せを自分の手で掴んで行こうと思いました。

 60代

あとがきに続き、まえがきも、ありがとうございました。

芽の出し方を知らなかったんですね。これからさき、自分なりの芽を出し、花を咲かせ、多くの果実をたわわに実らせたいと思います。

ご出版楽しみにしています。

 50代

まえがき拝見しました。

「生きる目的に向かって軽やかに進んでいく」「自由で常にニュートラルでフラット」

みんながそんな感覚になれたら、本当に世の中が変わっていくと思います。本に書かれたことを理解し、実践して、1人でも多く「ブレイクスルー」して欲しいです。発売、楽しみにお待ちしてます。

 60代

坂庭さん!

こんにちは♪お世話になっております。あとがきそしてまえがきを読ませて頂きました。

坂庭さんからの全身全霊で人生が変わる事を伝えてくださってる事を深く深く感じております。ありがとうございます。

 60代

文章が坂庭さんらしく随所に面白い箇所があって、着飾った感じもないので、スッと内容が入ってきます。

『私はさんざん、遠回りをして、あなたの先回りをしておきました。』

この言葉などは、「すごい、上手いこというな~」って思いました (笑)

坂庭さんを知った当初から比べ、私自身も坂庭さんが言わんとしていること分かるようになっています。

自分を深掘りしていくこと大事ですね。一気にやっていけてなくて少しずつですが、これからも進めていきたいと思います(^^)

 60代

まえがきを読ませていただきました。

歳を取る事は惨めで辛い。でも死ぬのはもっと怖い。それならみじめなままでも生きて行くしかない…。そんな負のループをぐるぐる回し続けて、子供にもそれを押し付け、気がついたら嫌いな母親に見た目も性格も罹る病気まで同じになっていました。

いつも他人の顔色を伺い、トラブルから逃れたい一心で、そんな私には我慢と諦めという選択肢しかありませんでした。「諦めない」という選択肢があったなんて、考えもしませんでした。まえがきを読んで、本書を読むために、更に自分と向き合うために気持ちを整えたいと思いました。

結果が欲しくて、すぐに原因が知りたくて、対処療法を求めて、現実と向き合うのが怖くなり、現実逃避しかしてこなかった私ですが、未来のメリットをセットして、本書と向き合いたいと思います。脳は無尽蔵、それが腑に落ちて理解できたら、生きることは無限大、無尽蔵になると思います。

まえがきから続けてあとがきを読むと、更に強いメッセージを感じることができました。自分を変えて人生を変える、自分の人生を生きたい、と強く思います。

 40代

たくさん種を蒔いてきました。ずっと芽が出ずに、1番の喜びである収穫なんて程遠いものでした。

坂庭さんと出会って、少しずつ変わってきて、おっしゃっている意味が分かり始めたところです。初めは恥ずかしながら意味が分かりませんでした。

本の出版楽しみにしています。

 50代

この度は「まえがき」の公開ありがとうございました。私は、坂庭さんに出会うことができましたので、坂庭さんの本物のお話しを聞かせていただいています。

でも、坂庭さんに出会えていないで、苦しんでいる方はたくさんいると思います。そして、かつての私のように、全く効果のない努力をしていると思います。

今の私のように、脳の自己責任により、非常につらい状況を作り出していると思います。

この「まえがき」は、多くの方々に「希望」を持っていただけることが書いてあると感じました。

 40代

本の発売前に、前書きや後書きを公開してくださるなんて、大胆なプレゼントをありがとうございます。

万策尽きたと思っていた自分に、光が見えてきました。まだまだやれることあるじゃないか。変わると言うか、本当の自分とつながり、本当の自分を生きていると言う希望が出てきました。

自分に期待しています。
本当にありがとうございます。

 40代

万策尽きてもまだ「諦めない」という選択肢がある、グサッときました。まえがきとあとがきだけでこれだけインパクトのある内容は初めてです。

収入が増えないとか人とうまく話せないなどは、どこかで諦めている自分がいると感じました。脳というOSのバグを取り除きアップデートする、考えるどころか気が付きもありませんでした。

自分の中にある答えを探すというより答えを持っている自分と少しずつ会話してみようと思います。

 50代

坂庭さん ありがとうございます。自分が大切な人を堂々巡りさせているのに気づきました。過去の自分と向き合ってやり直します。「死ぬな●●●」有り難い言葉です。本当にありがとうございます。

 50代

本当にまえがきとあとがき?というほどの充実な内容。気づきの種がいっぱい、種どころか芽吹いているものも。

袋とじのページをのぞいている様な感じですね。その種をさらに芽吹かせ成長させるのも自分次第。面白くなってきました。

 50代

母親が手術の為入院しましたが、他に疾患が見つかり手術は中止になりました。その後激しい頭痛と首から肩の痛みが私を襲いました。そして「まえがき」の公開直ぐに読ませて頂きました。

母親不在の自宅で何のサインか問いかけました。『果報は寝て待て』母親への激しいネガティブ感情で目が覚めました。未だ、終えられていなかったのです。
初心に戻り母親との関係をやり直します。

 50代

まえがきの公開ありがとうございました。

まえがきを読んでいてあることに気づかせていただきました。それは、次々と新しいものに手を出していくという自分。そして外部に助けてもらおうとしている自分です。おそらく前からずっと坂庭さんは、おっしゃっていたと思いますが、まさに今、このまえがきを読ませていただき、気づくことができました。

答えは自分の中にしかない、ということがやっと腑に落ちて分かりました。なので、もしかしたらこちらの書籍は買わないかもしれません。外に答えを求めている自分をやめるために。

いや、でもめちゃくちゃ読みたい!

 40代

まえがき読ませていただきました。

今では自分に問いかける事が習慣になり、色々な思い込みに気づいて自分自身に変化を感じていたところにタイミングよく読ませていただきました。2冊目が楽しみです。

ありがとうございます。

 40代

まえがきを読ませていただいてありがとうございました。読んで一番最初に感じたのは、『坂庭さんて親切だな』でした。

具体的には、『この本には答えは書いてないから答えやテンプレが欲しい人は読まないでね』とハッキリ教えてくれているところが、『本を売りたくて書いているわけじゃなくて、本当に変わりたいと思っている人に届けたい』と分かるからです。

本の発売を楽しみにしております。

 50代

坂庭様

この度は、ありがとうございました。万策尽きても、まだ「諦めない」このフレーズが好きです。

私も色々なものを「学んで」来たくちです。でも、何かが違う・・なんだろう・・と、さまよって坂庭さんにたどり着きました。

予定より早く本が店頭に並び、国内外で大ベストセラーとなり世界が平和になる事を望みます。ありがとうございました。

 40代

脳の癖、思考を整えれば、未来が変わる、かなり実感しています。

難病の夫は、今まで、苦痛系で、歯を食いしばって生きてきましたが、報酬系を意識してみただけで、表情が穏やかになりいきる意欲が湧いてくるようです。

 50代

こんばんは
まえがき読ませていただきました。まえがきとは思えない内容ですね。じゅうぶん本編の内容だと思います。出版が待ち遠しく今から首を長くしております。宜しくお願い致します。

 50代

まえがき・あとがきの感想ですが一言一句が心や魂に響いて一言一句が同じ思いで数行で胸が熱くなって号泣しました。ありがとうございます。感無量です….。

坂庭さんの鳳は鳳凰の鳳でもありますが死んで新しく生まれ変わるような変化をおこされて名前のごとくまさに不死鳥という感じですが、英訳もされて世界中に広がっていきますね。

わたしも全国の図書館や世界中の図書館にも寄贈していきたいと思いました。ありがとうございます。心より感謝致します。本の出版を楽しみにしております。

 60代

前書き読ませていただきました。

坂庭さんの人生そのものを本に書かれています。人生どこでどんなふうになるかもしれません。事故にあつたり、詐欺にあつたり、病気になったり、災害にあったり人生さきが読めない、ただ、苦しい時は、あきらめないで最後まで、諦めない選択があると言われています。

本当に救われる思いがします。ありがとうございます。あきらめないで進みます。独りでも多くに方々に、本を手にしていただき脳の使い方で、人が変わることを知ってほしいものです。答えは自分の中にある。分からない事多いいですが、問いかけて、変わることをやりつづけます。本当にいつもありがとうございます。

 40代

「諦めない」選択もある。

・・・なら、

最後の最後にまだやれることがあるコトをもう一度だけ信じてみたい自分がいます。答えはこの本にないと著者はいっている、何を手放せば坂庭凰さんの生き方の様に息を吹き返す程の振れ幅になるのだろう?

私はいったい何に縛られているのだろう?

と、私が私の答えに出会えると信じて、私自身を見つめるキッカケになりそうな内容に感じました。

 60代

坂庭さま

まえがき、あとがき、本もダウンロードさせていただきありがとうございます。

Youtubeから私も今の現状、パターンがあって何か違っているのだろうと直感が働きました。

先ず、情報の遮断をして会員、リベンジコースで自分のボタンの掛け違い、不必要な思い込み、行動のチェックをしていくうちに小さいころからの私は身体が弱いと母に言われていて何度も死にそうになってるのに今迄何とか生きて来ました。そのせいで私はたくさんのサプリも飲んでいるし健康グッズもあるのです。

いろんなことにこだわっていました。それをかなり減らせています。
又、「もう病気、借金辞めた」と自分に宣言してめっちゃ元気になっているのです。
ITネットからあらゆるものを試していましたが病気をよくしていたのに生きてるってことは本当は私は丈夫なんだと思えてます。

刷り込み、信じ込み、思いこみやめましょう。そして自分に聞いてどんどん解放、自由になっています。仰る事が腑に落ちています。

本当に正しい、真実の言葉、情報をありがとうございます。本当の自分を知っていきたいと思います。本からたくさんの方が気づきを得られ変わっていかれることを楽しみにしています。

嬉しいメッセージの発信ありがとうございます。日々、自分の人生の目的からズレていないか?問う毎日です。

 50代

ありがとうございます
前書き読みました
勿論後書きも

変わりたいのに変われない
どうやって変われば良いのか?
変わる気が有れば変われますね
そのヒントを沢山頂き
お陰様で少しずつだけど
変われています
ありがとうございます

 40代

3ヶ月後に【収入】【健康状態】【人間関係】が、どうなっていたいか。その時、周りはどのような良い影響を与えているか。

未来のメリットをセットしてから、明るい、軽やかな気持ちで、リラックスして、芽を出すことを進める。

↑ 16ページ目で、全部の答えじゃないですか。分からない人は読み流すでしょうけど。

そして、水分を取ることを忘れない(脳は水とブドウ糖)。

「セミナージャンキー」= 「種まき」なんてまだ良い表現で、むしろ、「一生、畑を耕してるだけ」って気がしました。私ですけど。

総じて素晴らしい前書きでした。
ありがとうございました。

 10代

まえがきありがとうございます!脳の動かし方を変えて、人生を変えたいです!本が出版されるのを楽しみに待ってます!

 50代

新刊のまえがきの公開、ありがとうございました。読むのがとても楽しみです。

私も慢性的に下痢気味でしたが、今、改善されました。

新刊を手に取り、自分の脳をもっとアップデートしていきたいと今、強く思っています。自分が幸せになり、まずは家族を幸せにすることが目下の目標です。

 40代

本書の前書きは、「ヒントしか載せて無いですよぉ、答えは自分の中にあるんですよぉ、こんな方々は読む時間とお金の無駄ですよぉ」ときちんと書いてありました(笑

もうにっちもさっちも行かなくなって、あぁ、この現実が死ぬまで続くのか、と思って生きている私やほかの方々が手に取り、実践していくために必要なバイブルだ、と思いました。

ありがとうございました。

 30代

坂庭様。

いつもYouTube拝見しています。

まえがきを読みながら、号泣していました。今まさに絶望の最中で、死にたい気持ちでいっぱいだったので、本のメッセージ1つひとつが心に刺さりました。

セミナーには何度か参加したものの、現実が良くなったかと思えば堂々巡りで、自分は何をやってるんだろう…と、変わらない自分に嫌気を差していました。生きる意味も分からなくなりました。

でも、こうして悔し涙を流すということは、自分はやっぱり人生を諦めたくないんだなと感じました。脳の使い方を変えて、今度こそ自分と人生を変えていきたいです。

新刊楽しみにしています。ありがとうございます。

 50代

まえがきの内容が濃過ぎます。まえがきだけで気づいて変われる方はたくさんいらっしゃると感じました。

私は一生、気づき続けていく人生です。ここまで気づいて「はい終わり」ということのない人生ですが、だからこそ自分の中にある答えに気づき続けながら人生を生きていくことしかできません。

こんな大切なことをまえがきを読みながら言葉にすることが出来ました。脳は無尽蔵、なんですね。何度も何度もまえがき、あとがきを読んでもっと気づいていこうと思います。

そして本の発売をお待ちしております。

 40代

まえがきの感想です。

今回も答えは書いていない、だけどヒントはたくさん散りばめられている。

それってどんな本なんだろう?と不思議で興味を引きました。

扱う分野も、当初の予定から紙面の都合で絞られたにも関わらず、それら扱われなかった分野にも活かせるものに仕上がってるとのこと。 どんなヒントがあるのだろう?と興味を引きます。

動画配信で公開してるだけでは追いつかないくらいになってることに気づいて書籍化するだなんて、どんなヒントが書かれているのでしょう?

目次を見たら少し分かるのかな?

 50代

まえがき、読ませて頂きました。

先日、アカデミーに入会したばかりで、まだまだこれからの私です。

正直うずうずです。早く本を手に取り読みたいです。

全くぶれない坂庭さんの全力で取り組んだであろうこの書物もアカデミーと同時に自分のものにしたいと思います。

楽しみに待っております。

 40代

新刊のあとがきの「死ぬな、●●●」がツボりました!

自分の中にしか答えがないって本当だと思います。今まで受講してきたセミナーやスピリチュアル講座など数えきれないですし…

役に立ったか元は取れたかと振り返ったら何も変わってないし知識だけ無駄に増えて、余計な固定観念や思い込みを蓄えただけでした。

その事に気づけただけでも、握りしめていた不要な何かを1つ手放す事ができたように感じます。

新刊楽しみにしています。

 50代

坂庭さんの、動画、発信される言葉。毎回同じ感想を抱くことはないです!!その都度、新しい発見があります!!今回の前書きも、更に安心感が増しました。出版楽しみにしています。とにかくとにかくありがとうございます!

 50代

新しい景色を見るために、問いかけていきます。

 50代

義務感、罪悪感はあって当然で、それを感じて抱えている人の方が良い人であるイメージがあります。その方が人間関係も上手くいく気がしています。執着、依存もないありのままの自分にはほど遠いです。許す、受け入れるもどういうことか…まだわかりません。

一冊目の本と出会い「答えは自分の中にしかない。自分を救うのは自分だけ」などの言葉が改めて響き刻まれ日々支えられて過ごしています。

朝目覚めると現実が残っていることを思い「目が覚めなきゃいいのに」って思う時期もありました。あとがきで涙が出てしまいましたが、少しずつ現実が変化してる気がして涙も減る感じです。本当の自分で安心して生きていきたいです。

 40代

私は受け入れがたい現実があった頃、死にたいとは思いませんでしたが、もう、死にそうという気持ちですごしておりました。

朝は目が覚めると、今日も生きてるな、なかなか死なないもんだなと思っていました。つらい経験した人を見て、同情してたけど、本当の辛さは経験した人にしかわからないという事が本当に身に染みて理解できました。

坂庭さんは本当に自死を考えたのでしょう。今、世界にたくさんいる同じ状況の人の気持が我が事のように坂庭さんには感じられるのでしょう。坂庭さんの力強いメッセージがたくさんの特に若者に伝わる事を願ってやみません。

 30代

脳の使い方を変えるだけで自分の人生の目的が明確になることで、学ぶことがなく、人の言動に左右されることなく、ありのままの自分OKで生きられる意識が自由に使える楽しさがあるのだなと。

新版の中にその意識の使い方を変えるためのヒントが満載にあると思います。とても楽しみにしております。心から感謝申し上げます。

 50代

前書きと、あとがき読ませていただきました。

お金狂いの、会社では軍曹(そりゃスタッフが全員居なくなってもおかしくない)・・・これじゃ人はついてくるわけないでしょう。

先生の言葉を聞いて、晩年の瀬戸内寂聴(わかいころのあの奔放な暮らしが大変化した)ことをを思い出させる、とてもほっこりして、マスターの言葉のように聞こえます。

何しろあなたが私を待っていたのではなく、わたしがあなたがここにくるのを首を長くして待っていたという言葉に凝縮されるように。

 60代

いつもありがとうございます。
『あなたが諦めてもわたしは諦めない』わたしが有料コンテンツをやろう、と決めたのが坂庭さんのこの言葉でした。問いかけて、気づいてやめる。これからも続けていきます。第二巻、楽しみにしております。

 70代

新書の「まえがき」を着いた時に1度、次2回目共に読みながらメモを取り、ヒントになるので、ありがたいです。

早く腑に落ちる体験をしたいです。

2回共、涙が出ました。未来のメリットをセットして、本文を楽しみにお待ちしております。ありがとうございました。

 40代

まえがきの公開ありがとうございます。また新たに気づきがありました。まだまだ自分で気づいて変わりたい。坂庭さんとの出会いに感謝します。

 60代

まえがきを読んで、坂庭さんは本当に人の事を思って活動しているんだと思いました。

 50代

改めて、坂庭さんの変化の振り幅に目を見張りました。脳の使い方を変えるだけで、本当に180度異なる人生を歩めるのですね!

まだまだ万策尽きるほど頑張れていない私ですが、坂庭さんのように軽やかに生きられるように、諦めずに問いかけ続けていきます。問いかけ続けながら、新しい本との出会いを心待ちにしています。

 50代

いつも、本当、ありがとうございます。まえがきを読んで、『このまえがきを読んで本を買いたくなる人達がたくさんいる』『今まで、あれこれ試してきても、思うような結果になれずに苦しんでいる人達が、産まれて初めて、やっとコレに出会えた!!』と、待ちに待って手に入れるようなイメージが出てきました。 

まえがきを読んでいるだけでも、坂庭さんの本当の意味での、心優しい熱のようなものが伝わってきました。 出版が、本当待ち遠しいです。

本を読んで、世界中の方達が、これから本当の意味で救われていく様子を、勝手にイメージしてしまってます。早く読みたいです。ありがとうございます。

 60代

やっと読めました ありがとうございます 私の母が躁鬱で、何十年も入院生活を送った挙句入院先で亡くなっていたので、日常と非日常の差が激しいと、のところがグッと来ました。

母との関係をやり直す為のヒント、又そんな病気の母とまだ幼かった私と。生まれたばかりの妹を置いて、さっさと自分の人生を辞めてしまった父との関係をやり直すヒントにもなりそうな気がしました。何度でも何度でも、問いかけてみたいと思います本の発行をお待ちしています

 50代

坂庭先生、こんにちは。

「まえがき」はまさに私個人に語りかけられているような感覚でした。このタイミングで先生の著書に出会ったのは大きな気づきのヒントが隠れているように感じます。はい、私は「芽の出し方」を全く知りませんでした。それは「脳の使い方」を知らないからに他なりません。

先生は次の著書について「人類を救うために」と仰っていたように記憶しておりますが、人生のほぼすべての悩みや苦しみを解決に導く脳の使い方と思考の癖の取り方を、今、この生きている瞬間に体得できる機会に恵まれたことに感謝しかありません。

早く新著が読みたい!読みたくてたまらない!この時点で報酬系回路が全開になっているのを体感しています。新刊の発売を楽しみに震えて待っております!

 40代

「これで、人生が変わらないはずがない。」 この言葉に惹かれました。まさに自分は目立ちたい、好かれたいと思ったり他人の言動や言われたことにイライラしたり怒りを覚えたりします。

毎日のワークや出版された本をよみ、3ヶ月後には思い込みを外してニュートラルな自分を取り戻し、素晴らしいビジョンを描いて羽ばたいていきます。

出版楽しみにしております。

 50代

万策尽きても諦めないという選択肢がある。

私は、サラリーマンですが、50歳手前で万策尽きて人生を惰性で生きようとしてました。ガムシャラに自分としては頑張ってきて、それなりに評価をいただいてましたが、上司が変わった途端にメッキが剥がれるが如く 仕事で行き詰まりを感じ、同時に母親のボケや自分の頭が明らかに薄くなった状態を見て、いろいろな面でネガティブになり、俺の人生はここまでかと諦めておりました。

坂庭さんを知ったのはそんな時です。
YouTubeの広告を動画で見て、最初は今まで散々カジッてきたヤツだろうなと思いながら、何故か気になり、気づいたら有料コンテンツに入会してました。

こうして書いてるとたった3ヶ月でも変化してる事を改めて気づきました。このまま自分に向き合う事をずっと続けたいと思ってます。もちろんこの本も読みますよ。

 30代

坂庭さんのあたたかすぎる想いと、使い道がないほどのぬくもりが伝わってくる内容でした。

素直に信じることができ、同時に自分を信じられていることにも安心することができました。自分の世界は自分で見い出す。自分のゴールは自分で見い出す。また1つ深いところの感覚が開きました。

あきらめなければ、必ず変わる。私は絶対あきらめません。本の出版楽しみにしています。坂庭さんの進化をみているのもすごく楽しい!!

 50代

無意識のうちに死にたいって、言ってる自分が相当こじらせ過ぎているなと感じます。坂庭さんの前書き・後書きで私は諦めなくても良いんだ、希望持って活きて良いんだ、そして動画や書籍から理解を深めて少しずつ出来る事を実行していました。

今日大号泣しました。別れた人達・亡くなった爺さま達やら、婆さま達やら、叔父さん達やら、叔母さん達やら猫たち・鳥達今も私を助けてくれてるかつて憎んでた母。

大号泣しながら声にならない声で、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。そのうち、ありがとう、ありがとう、ありがとうございますに変わり、私ちゃんと愛されたんや!!

始まったばかりやけど「アイコトバ」「死ぬな ●●●!!」

感謝します。書籍楽しみです。ありがとうございます

 50代

お世話になります。坂庭さんと出会って2年経ちました。当時の問題は解決に向かっています。脳の使い方を国民、世界に広げて平和になる事を祈ります。宗教の項目がなくなって残念ですが出版楽しみにしています。この内容が小学校の教科書になりますように。

 50代

脳は無尽蔵なのに、ほとんどの人は使わずに死んでしまうのだなと思いました。今回の本も読んでみたいです。楽しみです。

 50代

坂庭さんを知ってから高額な自己啓発、副業講座に手を出すこと辞めること出来ました、ありがとうございます!まるで本編のような前書きですね、依存しないで変わります、本楽しみです!

 40代

新刊のまえがきとあとがきをよみました。坂庭さんのYoutubeやメルマガに出会い、少しづつではありませうが、自分の思い込みに気づくことが多くなり、前を向けるようになってきました。

まえがきの「自分の中にしか答えはない」とあとがきの「一寸先は光」という言葉が響きました。今まで自分の外側に答えを求めたり、自分の中に答えを見い出すのを避けてきたり、今までどこを向ても「闇」と思ってきた自分だったので・・・

もう堂々巡りはしたくないと思っているので今まで以上に丁寧に自分と向き合って思い込みをやめていき、境界線を越えた景色を見たいと思います。新刊も楽しみにしています。

 60代

前書きを読んだ時、世の中にふりまわされて、自分が絶望しているのすら忘れている事に気付いて愕然となりました。諦めないと言うことがどこかに残っていたのでしょうか、やっと最後の砦にたどり着いたようです。

 50代

読ませて頂きました。もうすぐ60代、残りの人生消化試合だと諦めていました。前作の本を読み、今回の本の前書きあとがきを読み 挫けそうになっていた自分に希望がまた見え始めました。答えは自分の中にある!問いかけて手放す… まだまだ行ったり来たりです。この本の出版が楽しみです。

 50代

崖っぷちでの「坂庭」との出会いでした。人生のいわゆる成功を目指して、謎の右目の充血を治癒させるため、やる気が出なく、いつも中途半端で終わる自身と、もやもやして、買い物で落ち着かない状態を満足させていたと思います。気がつけば、膨大な負債です。そうです。どんなに上から塗りたくっても、根本の脳が何も変わってなかったのです。毎日、問いかけています。

 60代

坂庭さんの熱意が伝わってきます。私も自分を変えたい!と思い続けています。かなり熱心に自分と向き合っているつもりですが、まだ足りないようです。坂庭さんの本を心待ちにしています。

 40代

前書きの公開ありがとうございます。登ってる山が違う、作っているパズルが違う。すごくしっくりきました。

今までの私がちゃんと種を撒けているか分かりませんが、芽が出るように整えていきたいと思います。本の発売を震えて待ちます。

 50代

まえがきの内容が濃過ぎます。脳は無尽蔵、なんですね。何度も何度もまえがき、あとがきを読んでもっと気づいていこうと思います。そして本の発売をお待ちしております。

LINEに「友だち追加」して無料で「試し読み」をしよう!


目次

まえがき

1章 全ては「本当の自分」からのサイン

1.「本当の自分」からのサインに気づけば人生が変わる

(1)これでダメなら諦めろ

(2)答えは自分の中にしかない

(3)本書を読む際のポイント

(4)全ては本当の自分からのサイン

(5)頭でっかちの小利口を卒業しよう

2.よくも悪くも人生はすべて「思い込み」にすぎない

(1)自覚していないものは改善できない

(2)この中で事実はどれでしょうか?

(3)43年間の生まれつきの持病の原因は「単なる思い込み」だった

(4)あなたにとって「呪いの言葉」は何ですか?

(5)私たちの人生の明暗を分けるものとは

3.人生は「前提」が全て

(1)脳のOSのバグをとってアップデートすることが最優先

(2)成功者と同じテーブルに座っても、あなたが成功できない理由

(3)マイナスをゼロに戻す

(4)「思考は現実化する」は嘘

(5)脳は前提にあった情報しか集めてこない

4.行動レベルと脳レベルの違い

(1)行動レベルの対症療法から卒業する

(2)「楽して簡単に」という思考が脳に最も悪い

(3)脳には「着実に前進している」という感覚が大事

(4)本当のあなたは最初から答えを知っている

(5)エビデンスを求めているうちは何も変わらない

5.自分との信頼関係を取り戻し、自信をつける脳の動かし方

(1)被害者ヅラをやめる

(2)半信半疑の正体

(3)自分との信頼関係を構築する具体的な脳の動かし方

(4)本当の自分の欲求を満たすポイント

(5)夜職(キャバ嬢、風俗嬢)ほど自己肯定感が低い理由(女性の幸せは20代で決まる)

2章 人生を激変させる脳の使い方

1.バケツの穴を塞ぎ、マイナスをゼロに戻す

(1)まず、バケツの穴を塞ぐ

(2)学ぶ=新たな刷り込み

(3)「事実は一つ、解釈は無限」は本当か?

(4)解釈が無限になる具体例

(5)思い込みが激しいと一択になる

2.人生を変える具体的な脳の使い方

(1)自分の感情の動きにフォーカスする

(2)人生を変える、たった1つの方法

(3)意識が過去に向くと人はネガティブになる

(4)脳の使い方を変える5つのステップ

(5)考えるな、感じろ

3.自分で思い込みに気づく脳への問いかけ方

(1)反応している箇所をピックアップして深掘りする

(2)許せていない自分の投影とは

(3)べきべき星人

(4)強い断定的な言葉

(5)人生を変えるシンプルで万能なたった一つの問いかけ

4.抽象度を上げて人生を変える秘訣

(1)抽象度を上げると問題はすべて解決する

(2)本質はすべて同じ

(3)ダイエットがうまくいかない最大の理由

(4)願望は役に立たない

(5)脳は行動を見ている

5.思考の癖を変えると人生が変わる理由

(1)問題が解決しない2つの理由

(2)ズレた目的の具体例

(3)思考の癖が変わると人生が変わる理由

(4)未来は過去の延長にはない

(5)お金に対するネガティブな感情(ホリエモンにとってお金とは?)

第3章 収入(お金・ビジネス・仕事)編

1.現代の錬金術。有名コンサルタントも知らない収入のケタを1つ増やす唯一にして最大の秘訣

(1)新時代の収入を増やす究極の方法

(2)収入を増やす具体的な3つのポイント

(3)あなたが「成功」できない最大の理由

(4)お金を稼ぐ目的がズレていませんか?

(5)有名コンサルタントも知らない「年収300万円の人」と「年収3000万円の人」との本当の違い(なぜ、お金に余裕のある人は時間にも余裕があるのか?)

2.お金に羽が生えて飛んでいく人と、お金が後からついてくる人の決定的な違い

(1)あなたの「生きる目的」は何ですか?

(2)誰のために何のために輝くのか?

(3)「生きる目的」は余白に宿る

(4)「億り人」「セミリタイア」「FIRE」「アーリーリタイヤ」で豊かになれない理由

(5)オンとオフの切り替えで鬱状態になる

3.「お金=力」の時代は古い価値観。時代に埋もれたくないなら古い価値観を捨てよう。

(1)「お金=力」は古い価値観

(2)金で幸せは手に入らない、本当の理由

(3)そもそも、お金は手段に過ぎない

(4)お金しか信じられない男の末路。そして誰も居なくなった

(5)金に魂を売り続けると、どうなるか?

4.【禁断】殿様セールスの極意。断れば断るほど申し込みが殺到。行列ができて、さらに売上・利益が拡大する脳の使い方

(1)脳が整うと人生に逆回転が起きる

(2)「売るためのセールス」から「断るためのセールス」へ

(3)高額商品が飛ぶように売れる「テイク・アウェイ・セリング」とは (4)脳が整うとバラバラの歯車がすべて噛み合う

(5)「あと三億円しかない」と自殺する社長

5.メンヘラ・非モテから卒業する脳の動かし方

(1)「事実は一つ、解釈は無限」の本当の意味とは

(2)メンヘラ・非モテが陥っている二元論とは

(3)二元論を突破する脳の動かし方

(4)プラスチックも瓶も鉄も高温で熱すれば全て溶ける

(5)自分よりも抽象度の低い人に相談しても、問題は1mmも解決しない

よくある質問

(質問1)ワークすらもしんどくてできません。どうしたらいいでしょうか?

(質問2)なかなか気付けず、ワークが進みません。どうしたらいいでしょうか?

(質問3)自分では思い込みに気づいたつもりですが、現実が何も変わりません。なぜでしょうか?

(質問4)自分ではポジティブなつもりですが、なぜか、昔からお金の問題だけは解決しません。なぜでしょうか?

(質問5)潜在意識や心理学と脳科学と坂庭さんの言う脳の使い方は、何がどう違うのですか?

(質問6)どうして坂庭さんは、「脳」に行き着いたのですか?その経緯を詳しく知りたいです。

(質問7)どうすれば坂庭さんに会えますか?会って直接、話を聞きたいです。

(質問8)坂庭さんの個別セッションを受けるには、どこから申し込めばいいですか?

(質問9)坂庭さんの1Dayセミナーに参加すれば私も変われますか?

(質問10)有料コンテンツの金額はいくらですか?

(質問11)坂庭さんが配信しているコンテンツの無料と有料の違いはなんですか?

(質問12)自分なりに行動して経験値を増やしてきましたが、人生が良くなっていません。どうしてでしょうか?

(質問13)私は時間もお金も無いので坂庭さんのセミナーにも参加できませんし、有料のコンテンツにも参加できません。まして、個別のコンサルを受けることもできません。こんな私にも今、行動レベルでできることは何でしょうか?私は本当に困っているんです。早急に私の質問に答えてください。

あとがき

LINEに「友だち追加」して無料で「試し読み」をしよう!

著者のご紹介

ブレイクスルー・コンサルタント
坂庭鳳(さかにわつとむ)

群馬県前橋市出身
愛称「トミー」
株式会社フェニックスジャパン代表取締役、行政書士、心理カウンセラー、ヒーラー、自他ともに認める「世界一の健康オタク」

28歳で起業。経営コンサルタントとして活動する傍ら、14年間で5800人以上の社会人に行政書士試験の受験指導も実施。起業以来、4000万円以上の自己投資をするも2017年10月に持病が悪化し、寝たきりになる。

「思い込み」に気づき、思考の癖を整えたことで、薬も医療器具も一切使わずに43年間の原因不明の体調不良をわずか3日で完治させる。

3500万円以上の借金と未払いを10ヶ月で完済。さらに絶縁していた両親とも和解。借金・絶縁・寝たきりの三重苦を克服。「現代のヘレンケラー」と呼ばれる。

これを機に「脳のOSのバグをとってアップデートすれば、誰でも人生をアップデートできる」をコンセプトに、収入・健康・恋愛・人間関係を改善するブレイクスルー・コンサルタント®として活動。

再現性の高さが評判となり、セミナーは常に満員御礼で、1ヶ月待ちの行列のできる人気講師となる。個別セッションも常に3ヶ月待ちとなっている。

「これでダメなら諦めろ」「万策尽きても、まだ『諦めない』という選択肢がある」「あの世は他力、シャバは自力」など、数々の名言を世に出す。

現在、全国を周りながら会員さんとお茶会「生きてるだけで丸儲け」を開催しつつ、「ツトムの戸締り」「葬送のトミーレン」と称して全国行脚をしている。

「~医者・セラピスト・カウンセラー・ヒーラーが知らない~1回10秒、健康オタクが辿り着いた世界一シンプルで簡単な健康法」(セルバ出版)は、出版初日に重版が決定するほど話題になる。

TBSドラマ「恋はつづくよどこまでも」に小道具として使われました。(第1話〜第3話)